シェアする

iOSアプリ申請時に必要なスクリーンショットのサイズと設定

 

今回はiOSアプリを作成し、いざ審査に提出しよう!

となった時にスクリーンショットが必要になるのですが、画像サイズを合わせないとエラーになってしまいます。

さらに、その画像も全てのiPhoneのサイズにそれぞれ作らなければならないので、覚えるのが大変です。

そこで備忘録を兼ねて記載します。

はじめに

iOSアプリを審査に出すときに、必ずスクリーンショットが必要になると思います。

iOS申請で使うスクリーンショットは、指定されたサイズでないとエラーが発生してしまい、登録することができなくなってしまいます。

では登録したいスクリーンショットのサイズはどのようなものにすれば良いのでしょうか。

以下から見ていきましょう。

端末によってそれぞれ変わるので、全て作成してください。

必要なスクリーンショットのサイズ

 

まず、iOS申請に必要なスクリーンショットは5種類あります。

iPhone4S、 iPone5S、 iPhone6、 iphone6Plus、 iPadの5種類ですね。

画面サイズが同じものは省略しています。

 

では、肝心な画像のサイズですが、このようになっています。

iPhone4S
640 * 920(3.5インチ) 最大5枚まで
iPhone5S
640 * 1096(4インチ) 最大5枚まで
iPhone6
750 * 1334(4.7インチ) 最大5枚まで
iPhone6S
1242 * 2208(5.5インチ) 最大5枚まで
iPad
768 * 1024(iPad) 最大5枚まで

「*」は「×」のことです。

 

このように多くの画像を用意しなければなりません。

スクリーンショットのサイズを変更する

スクリーンショットを作成する場合、各端末1枚だけだったとしても最低でも5枚は準備しなければなりません。

もし5枚ずつ載せた場合は25枚必要になるというわけです。

25枚の画像をそれぞれ作成するのは骨が折れますよね。

そんな時に便利なアプリを紹介します。

  

 

iMage Tools」とAppStoreで検索しインストールしてください。

(Windowsにはあるかわかりません。)

iMage Toolsの詳しい使い方は、次回紹介します。

>こちらの記事もよく読まれています<

まとめ

 
 
iMage Toolsを使用してサイズを変更した画像を実際に、iTunes Connectからスクリーンショットに指定してみてください。

※iTunes Connectのスクリーンショット欄は 4.7、5.5、4、3.5、iPadの順番になっていることに注意してください。

スクリーンショット 2015-09-17 2.00.49.png

人によっては、画像をドロップした時にこのような警告が出ることがあります。

スクリーンショット 2015-09-17 1.57.43.png

アルファチャンネルというのは「透明な画面」という意味です。

つまり、選択した画像に透明な部分があるということです。

 さて、このエラーが出てしまった時にどのように画像を書き換えればいいかを説明します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. cduck より:

    ちょうど作成中のアプリをApp storeに提出するタイミングだったので、すごく参考になりました。

    • Unity_Kaihatsu より:

      コメントありがとうございます。

      リリースまでもう少しなんですね。
      審査一発通過を祈っております!