シェアする

Mac用にQtop激安青軸メカニカルキーボード購入してみた Part2

前回Qtop 青軸メカニカルキーボードのレビューを紹介しました。

今回は前回紹介しきれなかった項目についてのレビューを紹介しますので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

はじめに

今回の記事で紹介する内容は「USBタイプ」「USBに必要な奥行き」「チルトスタンド」「排水機能」「コードの収納」「Macでの使用」「耐久性」あたりの項目について紹介していきます。

Qtop ゲーミングキーボード 青軸 104キー メカニカル式キーボード 人間工学設計 防水口付き 抗衝突 Windows/Mac Osに対応できる ブラック 【日本語取り扱い書付き】 【18ヶ月保証】

新品価格
¥3,888から
(2017/1/13 17:07時点)


基本的な機能やサイズなどについては前回の記事で紹介していますので、先に確認してみてください。

Mac用にQtop激安青軸メカニカルキーボード購入してみた Part1
先日Amazonにて、激安の青軸メカニカルキーボードを購入してみました。 激安のキーボードなので恐る恐るだったのですが、とても...

ではまずQtopキーボードのUSBタイプから見ていきましょう。

USB関連

こちらのQtop 青軸メカニカルキーボードは「有線」接続になっています。

それに伴って、ある程度の空間がないとキーボードを配置できなくなってしまうのであらかじめ確認しておきましょう。

まずUSBのタイプですが、基本的なUSBポートになっています。

img_15521

PCに接続するUSB端子はほぼこの形なので、差さるかどうかの心配はあまり必要ありません。

ですが、注意していただきたいのが「接続部の長さ」です。

空間が空いている環境にあるのであれば問題ありませんが、こちらのUSBケーブルは接続部が長くなっています。以下の画像をみてください。

img_15153

画面下にあるケーブルが一般的な長さだと思っています。

USBの端子部分は、どちらも同じなので差し込むことはできるのですが、ケーブル部分が倍近く長くなっているので、空間がない場合はこの部分がぶつかってしまい差込めなくなる可能性があります。

あらかじめ注意しておいてください。

接続時の状態で、だいたい5〜6cmほど必要になります。

チルトスタンド

こちらのキーボードには「チルトスタンド」がくっついています。

これがかなり重要で、チルトスタンドがある分個人的にタイピングしやすくなっていると思います。

チルトスタンドというのは、キーボードの背面にくっついている「爪」で、チルトスタンドを立てることによってキーボードを軽く斜め傾けることができます。

img_15154

以下がチルトスタンドを立てたときと、立てていない時の比較になります。

チルトスタンド使用時

img_15517

チルトスタンド非使用時

img_15516

このようにキーが斜めになってくれるので、かなり打鍵しやすくなります。

またこのチルトスタンド、先端がグリップになっており滑りにくくなっています。

前回も紹介した通りもともと重厚感があるので、チルトスタンドを立てたとしてもずっしりとした安定感があります。

排水機能

このキーボードは排水機能が備えてあり、背面が水に濡れても故障しないようになっています。

img_11555

このような穴がいくつも空いていて、水が抜けるようになっているようです。

さすがに怖くて試していませんが、PCを使用している時に飲み物をこぼしてしまってもキーボードが壊れないようになっているんですね。

ただ注意点として、防水というわけではないと思います。

キーボードまるまる水洗いといったことはできないと思いますので、絶対にやめてください。

コードの収納

Qtop メカニカルキーボードは、先ほど紹介した通り「有線」接続になっていますので、気になるのがコードの収納になりますよね。

コード本体の長さは2m近くあるのですが、私は全く邪魔に感じていません。

というのも、このキーボード購入時にコードに以下のようなマジックテープが付属しています。

img_15518

これがあることで、余ったコードだけをまとめておくことができますね。

さらにありがたいことに、このマジックテープはコードにくっついているので、紛失してしまう恐れもありません。

このマジックテープを使うことで、私の環境は以下のようになっています。

img_15601

キーを取り外すヤツも一緒にくっつけておけるので、収納に関しては工夫次第でなんとかなると思います。

Macでの使用について

Qtuo メカニカルキーボードは「US配列」の「Windowsキー配置」になっています。

ですので、日本でMacにこれを使うというのもおかしな話ですが、キーボード配置を覚えていてブラインドタイピングができる方であれば全く問題はありません。

ただし、Macから設定で配置を変更しなければならなかったり、「かな・英数」をツールで変更しなければならなかったりします。(無料ツールでできます)

かな・英数をWindowsキーボードに割り当てる方法については、後日紹介するかもしれません。


追記

MacでWindows用のキーボードを使用する方法について記事を書きました。

JIS配列、US配列どちらも紹介しているので参考にしてみてください。

Karabiner | MacでWindows用USキーボードを使う方法
先日、iMacで使用するキーボードをWindows用のUS配列キーボードに変更しました。 MacであってもKarabi...


使用に関しては全く問題ないのですが、多少設定が面倒になるというのだけ覚えておいてください。

耐久性について

2016/10/01現在までほぼ毎日使用していますが、今の所問題なく使用できています。

もしQtuo メカニカルキーボードが壊れてしまったり、何か不具合が生じた場合は改めてこの記事に追記します。

もし追記がない場合は、まだ使っていると考えてください。

>こちらの記事もよく読まれています<

まとめ

今回、前回と2回にわたってQtop メカニカルキーボードのレビューをしてきましたが、個人的にはかなり満足しています。

もしキーボードの買い替えを検討している方で、USで問題ない方、メカニカルキーボードを試してみたい方はぜひ視野に入れてみてください。

ありがとうございました。ではまた。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で