シェアする

Unity | AdColonyを導入する方法 Part2

前回の記事でAdColonyを導入する方法(appIDとzoneIDの取得)を紹介しました。

 

 今回は引き続きAdColonyを導入する方法を紹介していきます。

はじめに

今回は、肝心のコードを作成する方法を紹介します。

(前回の記事で進めたところまでは完了しているものとします。)

まず、Assets > Plugin に新しいスクリプトを作成してください。

名前はなんでも良いです。

そのスクリプト内にこのように書き込んでいきましょう。

こうすることで再生処理が作成できました。

appversion には アプリのバージョン

appID にはPart 1でコピーしたappID

zoneID にはPart 1でコピーしたzoneID

をそれぞれ書き換えてください。

次に、SendMessage内のメソッドを作って行きます。

(私の場合はContinue処理をすでに追加しているスクリプトに追記しました。)

このようなコード内で再生中の処理を記入します。

後は再生終了後の処理を追加して完了です。

ここまで完了したら、Unityから、同一オブジェクトにスクリプトを追加しましょう。

※AdColony.csは追加する必要はありません。

ここから先は、xcodeの処理になります。

iOSの方のみご覧ください。

Androidの方はこちらから↓

[Unity] AdColonyを導入する方法 Android編
先日、UnityでのAdColony導入方法についての記事を書きました。 ですが、AndroidでのAdColony導入はまだ触れていなかったので...


追記:AdColonyの広告切り替えについてサポートセンターに聞いてみました。

AdColonyの本番広告切り替えについて [Unity]


重要:AdColonyの広告の種類についてサポートに問い合わせてみました。

[注意!!] AdColonyはCPV広告なのか??

Part3はこちら >>