こんにちはクリアメモリです!

今回は、3Dプリンター「Creality3D CR-10S」を使って、ノズルの横にボールペンを取り付けられる「ペンマウント」を作ってみました。

 

ボールペンを差し込みネジで閉めることで、思いのほかしっかりと固定できています。

3Dプリンターお絵描きみたいな使い方もできるのでチェックしてみてください。

はじめに

 

今回紹介する内容は「3Dプリンターでペンマウントを作る」という記事です。

まずはこちらをチェックしてください。

 

3Dプリンター ペンマウント

 

こんな感じで、3Dプリンターにペンを取り付けることができました。

使い方のイメージとしては、3Dプリンターでフィラメントを使わず「直接書かせる」という感じ。

 

ペンマウント ポケモン

 

 私の場合、オートベッドレベリング用の「3DTouch」や「改造したファン」がデフォルトの状態じゃないため、ちょっと特殊な形になっているので注意。

 

ペンマウント

 

3DTouchのネジ部分に固定しました。

 

上に重ねて固定する感じだね

 

ペンマウントの取り付け

 

ペンマウントのダウンロードはこちら

 

実際に作成した「ペンマウントのモデル」はこちらからダウンロードできます。

ただ、先ほども紹介した通り、固定する3Dプリンターの形状が変わっているので注意してください。

 

 

ペンマウントのダウンロードはこちら

 

以前「オートレベリング準備編」で紹介した3DTouchマウントのモデルを使っている方は、それに重ねる形でマウントできると思います。

 

 

ペンマウントのモデルはこんな感じ

 

今回のペンマウントは「Fusion360」を使ってモデリングしました。

 

Fusion360 ペンマウント

 

こんな感じで、ペンを通した後「ネジで固定」できるようになっています。

実際に使ってみた感じ、ペンマウントを使うときはかなりしっかり固定しないと、印刷途中で高さがずれてしまいました。

 

ペンマウント ネジ

 

今回使用したペンの太さは「約10mm

ボールペンのペン先も、太めな方がきれいに印刷できると思います。

 

ボールペン

 

使用したネジ

 

ペンマウントと3DTouchのマウントを固定するために使用したネジは「3DTouchに付属していたM2.5ネジ

ペンを固定するために使用したネジは「M3ネジ」と「ナット」となっています。

 

ネジとナット

 

ネジを閉めることで、よりしっかりペンを固定できます。

私は、こちらのネジセットを使いました。

 

BUYFULL ボルトセットM2 M3 M4 六角穴付き マシンネジ ナット ステンレス ロックワッシャ 収納ケース付き480本入り (480pcs)

 

Point
執筆時現在、上の商品は在庫切れになっていました。
ネジセット」で検索すると似た商品が見つかるので探してみてください。

 

実際に取り付けてみるとこんな感じ。

 

3Dプリンター ペンマウント

 

ネジを閉めるとペンマウントが閉まる感じだね

 

使用した3Dプリンター

 

今回の造形で使用した3Dプリンターは「Creality3D CR-10S

いつも使っているやつですね。

 

Creality3D CR-10S
【日本で検査】安心のボンサイラボCreality CR-10S (300*300*400) 最新モデル フィラメントセンサー&デュアルZ軸搭載

 

純正のCR-10Sとは違い「オートベッドレベリング」や「デュアルファン」などを改造してあります。

 

 


使用したフィラメント

 

今回の造形で使用したフィラメントは「Comgrow PLAフィラメント ブルー

現在、Amazonでの取り扱いは終了していました。

 

comgrow plaフィラメント blue
Comgrow 1Kg 3Dプリンター フィラメント 無毒で無臭、分解性、環境にやさしい 1.75mm PLAフィラメント 3Dフィラメント PLA Plus PLAスフィラメント1.75mm 3D印刷フィラメント 3Dプリンター用フィラメント素材 PLA樹脂材料 3Dプリンター 3Dプリントペン 3Dプリンター用 フィラメント (ブルー)

 

 

ノズル周りで使用するので「ABS」のような耐熱温度が高いフィラメントの方が良いかもと思いましたが、PLAでも全く問題ありませんでした。

 

ペンマウントでロゴを書いてみた

 

完成したペンマウントを使って、前回紹介した「ロゴ」を印刷してみました。

お絵描きなどで使える「PNG画像を3Dモデルとして保存する方法」はこちらからチェックしてみてください。

 

 

実際にボールペンで書いてみたロゴがこちら!

 

clrmemory ロゴ

 

ところどころボールペンがかすれてしまいましたが、インクジェットプリンターで印刷したみたいにプリントできました。

 

通常の造形とは違うのでノズルやヒートベッドの温度は0。

リトラクション(引き戻し)やビルドプレート密着性なども、ペンマウント専用のプロファイルとなっているので注意してください。

 

ペンマウントでお絵描きしてみた

 

同じように、ペンマウントを使って「お絵描き」もしてみました。

今回はポケモンのイラストから3Dモデルを作成し、Curaでプリントしています。

 

ペンマウント ポケモン

 

なかなかいい感じにできた!

 

まとめ

 

今回紹介したように、3Dプリンターに取り付ける「ペンマウント」を作ってみました。

正直、普通のプリンターで印刷した方が早くてきれいにプリントできます。

 

ただ、3Dプリンターで2Dの物を作るというちょっと変わったことができるので、興味のある方はチェックしてみてください。

 

 

ではまた。

 

関連記事
おすすめの記事