【Xiaomi Redmi Go スペック紹介】100ドル以下の激安スマホ登場!Snapdragon 435や8.0MPカメラを搭載したAndroidスマホ!

今回は、GearBestから新登場した「Xiaomi Redmi Go」をご紹介します。

 

Xiaomiから新登場したスマートフォンで、特徴は「激安」

執筆時、セールで75.99ドルという驚きの価格設定となっていました。

 

100ドルを切る激安スマホなのでチェックしてみてください。

はじめに

 

今回紹介するアイテムは「Xiaomi Redmi Go

 

20190222152102

 

Xiaomiにしては珍しい激安系のスマートフォンでした。

ぱっと見は大人しいデザインで、執筆時のカラーバリエーションは「Black」と「Blue」が用意されています。

 

20190222152650

 

背面には指紋認証パネルなどがなく、Xiaomiのロゴとカメラ・フラッシュライトが搭載されているのみ。

 

20190222152705

 

価格からわかる方もいると思いますが、Xiaomi Redmi Goのスペックは決して高くははないので注意してください。

 

Xiaomi Redmi Goのスペック・仕様

 

では、Xiaomi Redmi Goのスペックや仕様を見ていきましょう。

 

スペック
システム Android Go
CPU Snapdragon 425 クアッドコア 1.4GHz
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
画面サイズ 5.0インチ
解像度 1280x720
カメラ(後) 8.0MP
カメラ(前) 5.0MP
Google PlayStore
バッテリー容量 3000mAh
重量 0.1550kg
ネットワーク
2G GSM,GSM 1800MHz,GSM 1900MHz,GSM 850MHz,GSM 900MHz 
3G WCDMA B1 2100MHz,WCDMA B2 1900MHz,WCDMA B4 1700MHz,WCDMA B5 850MHz,WCDMA B8 900MHz 
Network type  FDD-LTE,GSM,TDD-LTE,WCDMA 
WIFI  802.11b/g/n wireless internet 
Wireless Connectivity 3G,4G,A-GPS,Bluetooth 4.2,GPS,GSM,WiFi 
TDD/TD-LTE TDD-LTE: B38/B40/B41
4G LTE FDD B1 2100MHz,FDD B2 1900MHz,FDD B28 700MHz,FDD B3 1800MHz,FDD B4 1700MHz,FDD B5 850MHz,FDD B7 2600MHz,FDD B8 900MHz,TDD B38 2600MHz,TDD B40 2300MHz

 

20190222152718

 

これらを見てわかる通り、性能は価格相応といった感じ。

1GBメモリやストレージも8GBしかないため、ゲームとかは無理っぽいですね。

 

どちらかというと、普段からスマホを連絡用にしか使わない方や、2台持ちなどサブ機としての運用で使えそうなスマホという印象を受けました。

 

  • FLEXIMOUNTSモニターアーム クランプ 30インチ10KGまで
    Amazon
  • Creality3D CR-10S (300 * 300 * 400)
    Amazon
  • Unique Spirit タブレットアーム タブレットスタンド
    Amazon

5インチのAndroidスマホ

 

Xiaomi Redmi Goは「5インチ」のスマートフォンです。

 

20190222152734

 

最近は、6インチのスマホも増えてきたので、むしろ珍しいと感じました。

本体重量も「0.1550kg」と比較的軽いので、持ちやすさを重視する方も快適に扱えると思います。

 

20190222152821

 

Xiaomi Redmi Goの筐体

 

Xiaomi Redmi Goのカラーバリエーションは、先ほども紹介した通り「ブラック」と「ブルー」の2種類となっています。

 

20190222152843

 

性能的にはどちらも同じ。

背面には「8.0MP」のカメラを搭載しました。

 

20190222152854

 

側面には、音量調節やスリーブボタンの他に「SIMカードスロット」と「MicroSDカードスロット」がデザインされています。

よくあるSIMカードスロットにMicroSDカードを入れるタイプではなく、スロットが2つ付いている珍しい製品のようですね。

 

20190222152902

 

MicroSDカード(TFカード)を使うことで、本体容量を「最大128GB」まで拡張できるので、8GBという少ないストレージが心配な方はチェックしてみてください。

 

スピーカーは下部に搭載

 

Xiaomi Redmi Goのスピーカーは「本体下部」

 

20190222152911

 

充電ケーブルや、イヤホンを接続する端子と同じ位置に搭載されています。

 

CPU・メモリ

 

Xiaomi Redmi Goは「1GBメモリ」を搭載。

CPUには「Snapdragon 425 クアッドコア」を搭載しました。

 

20190222152926

 

スペック欄でも紹介した通り、性能的には決して高いわけじゃありません。

その分価格がかなりお買い得になっているモデルというわけですね。

 

本体容量もMicroSDカードを使って拡張できるので安心です。

 

Xiaomi Redmi Goのカメラ性能

 

Xiaomi Redmi Goは、「8.0MPのリアカメラ」と「5.0MPのフロントカメラ」を搭載しています。

 

20190222152933

 

どちらも性能がすごい!というほどではないですが、激安スマホの割にちゃんとカメラを搭載していて意外でした。

カメラの横には「フラッシュライト」があります。

 

また、バッテリー容量は「3000mAh

こちらも、激安スマホにしては意外な性能となっていました。

 

20190222152940

 

全体的にみて

 

全体的に、Xiaomi Redmi Goは「価格を抑えた激安スマホ」といった感じ。

 

Xiaomi Redmi Go 4G Smartphone Global Version - Black
GearBestでチェック

 

性能面が高いわけでもコスパが高いというようなモデルでもないっぽいですが、先ほども紹介した通り、サブ機や普段あまりスマホを使わない方にとっては安くて便利なスマホでした。

 

まとめ

 

今回紹介した通り「Xiaomi Redmi Go」は激安スマホです。

スマホを使ってガッツリゲームをしたり、大きな画面で動画視聴がしたいというような方には不向きなスマホでしたが、価格がかなりお買い得なので興味のある方はチェックしてみてください。

 

 

ではまた。

過去にレビューしたアイテム


関連記事
おすすめの記事