こんにちはクリアメモリです!

今回はMacでBackSpaceDeleteを使う方法を紹介します。

 

私が、WindowsからMacに変えた時、文字を打っていてBackSpaceキーが無く、Deleteキーしかないことに驚きました。

Windows時代にはとても重宝していたので、Macで使えないとなると少し困ってしまいます。

 

そこで、MacでもDeleteを使う方法を紹介します。

 

 

はじめに

 

今回紹介する方法では、Macでキーボード入力をする時に1つ後ろの文字を消すことができるようになります。

まず、前提としてこの記事でいうBackSpaceとは文字の1つ前を消すことで、Deleteは文字の1つ後ろを消す事として書いています。

 

つまり、 あいうえお という文があり、「う」と「え」の間に記入位置があった場合、BackSpaceを押すと「う」が消え、Deleteを押すと「え」が消えるという事です。

一見使うタイミングが無さそうに見えますが、慣れているととても便利です。

 

使い方

 

Macで一つ後ろの文字を消す方法は、 

fnキーを押しながらdeleteキー

 

で実行できます。

(このdeleteキーはMacキーボードのdeleteと書かれたキーです。)

 

実際にやってみてください。

1つ後ろの文字が消えるようになるはずです。

 

覚えにくいコマンドでもないし、入力が面倒というわけでもないので簡単に使う事ができます。

お試しください。

 

 まとめ

 

今回紹介した方法を使うことで、Macでテキストを消す際にいちいちカーソルを移動する必要がなくなりました。

他にも「ある場所から後ろを一気に消す」と言うような時にもぜひ活用してみてください。

 

 

ではまた。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう