【HUIONドライバ】インストール&設定方法!Macはダウンロード版がおすすめ

今回は、HUION液タブを使うために必要になる「HUIONドライバ」をインストールする方法を紹介します。

 

付属のDVDを使っても良いのですが、MacにはDVDドライブがないので、ダウンロード版を使ってみました。

はじめに

 

今回紹介する方法は、MacでHUION Kamvas GT-191のドライバをインストールして、液タブを使えるようにする方法です。

HUION Kamvas GT-191のレビューについてはこちらをチェックしてください。

 

 

HUION Kamvas GT-191 液タブ フルHD IPS液晶ペンタブレット 19インチペンディスプレイモニター
Amazonでチェック

 

Macを使っている人ならわかると思うんですが、最近のモデルになると「DVDドライブ」がついていないんですよね。

 

Windowsや外付けドライブを使えばDVDを読み込めるのですが、そんなことをしなくても、実はHUIONのドライバはネットからダウンロードもできちゃうんです。

まず先にダウンロードページをチェックしてください。

 

HUIONダウンロードページ

 

こちらのリンク先にアクセスすると、HUIONドライバのダウンロードページに移動します。

 

https://www.huiontablet.com/support/

 

20170831102532

 

この様な項目が見つかるかと思いますので、自分の液タブに対応したドライバをダウンロードしましょう。

私の場合は「HUION Kamvas GT-191」だったので、こちらをダウンロードしました。

 

20170831102823

 

マウスカーソルを合わせると、Windows版かMac版かを選択する項目が表示されるので、私はMac版を選択してダウンロードしました。

これで、Mac版HUIONドライバがダウンロードされたはずです。

 

ドライバをインストール

 

さて、ダウンロードしたインストーラーを早速開いてみましょう。

 

20170831103107

 

このようなウィンドウが表示されるので、そのまま進んでいくと、パスワードの入力画面になるかと思います。

ここで入力するのは、Macのスリープ解除などで使用するユーザーのパスワードです。

 

20170831103245

 

たったこれだけでドライバがインストールできました。

5分程度で出来るので簡単でしたね!

 

20170831103405

 

実際に表示してみる

 

では、インストールしたドライバを実際に開いてみましょう。

 

20170831103737

 

画像の左側にいくつかの項目が表示されていますよね。

ここから、ペン本体にあるボタンや、ディスプレイの設定ができます。

 

20170831103928

 

まずはペンウィンドウから、どちらのボタンをカスタマイズするか選択してください。

ボタンをクリックすると、以下の様なウィンドウが表示されたはずです。

 

20170831104054

 

ここで、ペンのボタンを押した時のアクションを設定できます。

例えば、戻る(command + z)を設定したい時は、この様になりました。

 

20170831104239

 

あとは「確認」を押せば、HUIONペンのボタンに「戻る」機能を設定できます。

同じ様にして、好きなアクションを設定してみてください。

 

ただし押しながらは不可

 

ここまで紹介してきて、自由にアクションを設定できるのはわかったかと思いますが、こちらで設定できるアクションは、押しながら描いたりできないんですよね。

例えば私の場合だと、Wacomドライバの時は、ペンに「スペース」を設定していました。

 

その様にすることでスペースを押すことができ、ペンだけでキャンバスを移動させたりしていました。

それができないので、これまでと設定が変わるかもしれないので注意してください。

 

HUION Kamvas GT-191 液タブ フルHD IPS液晶ペンタブレット 19インチペンディスプレイモニター
Amazonでチェック

 

まとめ

 

今回紹介した様に、HUIONドライバは「インストールディスク」を使わなくてもインストールできます。

そのためMacを使っている方は、こっちの方法をとったほうが簡単だと思います。

 

HUION液タブを使うためにはドライバが必須になってくるので、購入前に試しておくのも良いかと思います。

 

 

ではまた。

過去にレビューしたアイテム

おすすめの記事