こんにちはクリアメモリです!

今回は、xcodeでアプリの申請をしようとした時に発生したエラーについてお話しします。

 

今回発生したエラーは以下のようなエラーでした。

ERROR ITMS-90535

 

このエラーは、xcodeから実機でテストしようとした時には発生しませんでした。

原因

 

前回、アプリのアップデートを申請した時は今回のようなエラーは発生しませんでした。

アプリの内容以外で前回と変わったところは、iOS9がリリースされたという事と、それに伴ってxcodeや広告サービスのバージョンが上がったという点です。

 

開発環境

 

:追記:
xcode最新版 (2015/10/05 現在) [動画広告サービス] UnityAds
AdColony

 

解決方法

 

冒頭でもお話しした通り、今回発生したエラーは以下の通りです。

 

20170513170528

 

UnityAdsというキーワードが書かれているので、UnityAds方面で解決策を探してみました。

 

frameworkの確認や、BundleID、CFBundleExecutableなどを変更してみましたが、エラーは解消されませんでした。

ここで、UnityAdsのプラグインをアップデートしていなかった事を思い出しました。

 

考えてみれば、iOS9がリリースされてからUnityAdsをアップデートしていなかったので何かしらエラーが出る事は当然でした。

 

UnityAdsのアップデート

 

UnityAdsをアップデートする方法ですが、Unityを使っている場合「Asset Store」にアクセスします。

UnityAdsと検索し、インポートします。

 

これだけで最新版のUnitiAdsが導入されています。

再度審査へ提出してみてください。

 

先ほどのエラーは発生しなくなっていると思います。

 

まとめ

 

iOSのアップデートなど開発環境周りに更新があった場合は、それに伴ったアップデートがある事を忘れないようにしましょう。

また、xcodeやunityなどは開発中にアップデートをしてしまうと、エラーが発生してしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

ではまた。

関連記事
おすすめの記事