Motion5を使ってテキストが崩れ落ちる映像を作ってみた

MacMotion5というアプリケーションを使って、テキストがバラバラに崩れ落ちるような映像を作成してみました。

はじめに

 

Appleからリリースされている「Motion5」というアプリケーションを使うことで、簡単にモーショングラフィックスを作成することができます。

 

ちなみに価格は、購入時で6000円でした。

Adobeの「After Effects」と比べると格段に安いですね。

 

作成した動画はこちら

 

バラバラに崩れ落ちるテキストの動画はこちらです。

 

 

作り方

 

このようにテキストを1文字ずつ動かすには「グリフを変形」という機能を使うことで、作成できます。

より詳しい解説はこちらの記事で紹介しているので、確認してみてください。

 

【Motion5】テキストを1文字ずつ分解してバラバラに移動させよう! - クリアメモリ

 

基本的な使い方だけでも、綺麗な映像になるので面白いですよ。

 

まとめ

 

今回は動画紹介でしたが、Motionを触ってみてとても使いやすいと感じました。

無料のモーショングラフィックスソフトをいろいろ試してみたのですが、操作があまり好きになれずMotionを購入して正解でした。

 

 

興味のある方は購入してみてはいかがでしょうか。

ではまた。

過去にレビューしたアイテム

関連記事
おすすめの記事