こんにちはクリアメモリです!

今回は、Logicoolトラックボールマウス「M570t」を紹介します。

 

普通のマウスとは違い、親指でカーソルを操作できるので、省スペースかつ省エネルギーで使える便利なアイテムなんです!

はじめに

 

今回紹介するLogicoolのトラックボールマウスがこちら。

 

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t
Amazonでチェック

 

ぱっと見でわかる通り、なんか変なマウスですよね。

 

トラックボールマウスはこんな人にオススメ!

  1. デスクが狭くてマウスが扱いづらい
  2. ベッドでPCを操作
  3. 手首が疲れる
  4. 手にフィットするマウスが欲しい
  5. 戻るや進むをカスタマイズしたい
  6. デュアルディスプレイの使い手

 

こんなところでしょうか。

追記
新モデルが登場しました

 

Logicoolからトラックボールマウスの新モデル「SW-M570」が登場しました。

 

LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570
Amazonでチェック

 

私が使っているM570tに比べて、デザインはそのまま価格が安くなったみたいです。

今買うなら、こっちの方がオススメ。

 

発売は4年前

 

このトラックボールマウス M570tは、2013年8月2日に販売開始された商品なんです。

とはいっても、古いからダメってことはありませんよ。

 

むしろ、それほど長く愛されているってことです。

 

最近新モデルが発売

 

つい先日(2017年9月22日)

Logicoolからトラックボールマウスの最新モデルが発売されています。

 

Logicool ロジクール MXTB1s bluetooth ワイヤレス トラックボール MX ERGO
Amazonでチェック

 

じゃあこのマウスいらないじゃん!

ってなるかもしれませんが、そうではありません。

 

最新モデルの「MX ERGO」は、M570tの上位モデルとでもいうべき高級品なんです。

M570tに比べて2倍以上の価格になっているのですが、どうせなら最高級を!って方や、M570tを使って良かったから上位モデルが欲しい!って方はこちらを検討してみてください。

 

実際に触ってないので使用感はわからないのですが、複数デバイス間でファイルを移動できたり、マウスの角度を調整できたりするみたいですよ。

 

開封! 開封... 開封!?

 

さて、実際にLogicool M570tを開封してみます。

 

...あれ。

早く使いたいのに、全然開け方わからない!

 

20170928115920

 

配送時はこのようになっていたのですが、これがとにかく開けづらい!

 

20170928120313

 

画像の引っかける部分を外さなければならないのですが、これがマウス部分とつながっているため、どこから開ければ良いのかわかりにくいです。

 

20170928120516

 

綺麗に開けて、箱も取っておきたいって方はご注意を!

 

ドラッグがしにくい

 

最初に言っておきますが、

このマウス(M570t)は、ドラッグを頻繁に使う作業には向いていません。

人差し指でクリックしながら親指で動かすわけですから、途中で離してしまうってことがよくあります。

 

ドラッグ作業の多い方は、サブのマウスを用意しておくと良いかもしれません。

トラックボールが快適すぎて、普通のマウスに戻れなくなってなければですが...

 

必要なスペースはマウスひとつ分

 

トラックボールの良さっていうのは、やはりこれですね。

マウスの分だけスペースがあればOK!

 

トラックボールマウスは基本的に動かしません。

そのため、マウスの分+手を置くだけのスペースが確保できれば十分なんです。

 

20170928120856

 

従来のマウスでは、「マウス+ある程度のスペース」がないと操作すらできませんよね。

テンキー付きのフルキーボードを使っていて、マウスが肩身の狭い思いをしていませんか?

 

20170928125927

 

そんな人にぜひ使ってもらいたいマウスです。

 

どこでも使える

 

普通のマウスであれば、赤外線でカーソルを動かしたりしますよね。

省スペースの延長みたいになるのですが、M570tには「ポインター」がついていません。

 

20170928120959

 

そのため、ベッドの上だろうと空中だろうと

デスクに置いた時と変わりなく操作できちゃうんです。

 

これが予想以上に便利で、膝の上にマウスを置いたり楽な体勢で使えるので、電車や新幹線などの移動中にもオススメ。

 

手にフィット

 

M570tは、トラックボールの部分だけではなく、マウス本体の形状も特殊です。

薬指と小指の部分にくぼみがあるため、手にフィットしやすくなっています。

 

20170928121053

 

注意点としては、見た目より大きいってこと。

 

20170928130714

 

手のひら全体で包むようにしてマウスを持つのですが、手が小さい人だとクリックしにくいかもしれません。

 

私自身手が小さいわけではないのですが、

マウスホイールを中指で操作するという何ともおかしな状況に。

 

もし、トラックボールマウスでM570tの大きさがネックになっているなら、「ELECOM」のトラックボールマウスを検討してみては?

 

- Logicool M570t ELECOM M-XT3DRBK
95mm 94.7mm
奥行き 145mm 124.4mm
高さ 45mm 47.9mm

 

私は所持していないので詳しくは不明なのですが、M570tに比べて、ELECOMのトラックボールの方が奥行きがちょっとだけ短くなっているようです。

 

エレコム ワイヤレスマウス トラックボール 6ボタン ブラック M-XT3DRBK
Amazonでチェック

 

電池式

 

Logicool M570tを使い始めるには、単三電池1本が必要になります。

 

20170928121610

 

電池は、マウス本体の裏側に入れるのですが、ここが壊れやすくなっているようなので注意してください。

また、あとで詳しく紹介するレシーバーも、ここに入れて持ち運べるようになっています。

 

充電式ではないため、持ち運ぶときは電池を用意しておいた方が良いかもしれません。

 

ワイヤレスで使用可能

 

M570tは、ワイヤレスで操作できます。

レシーバーを通して接続するため、Bluetoothではありません。

 

そのため、USB接続できないタブレットやAndroidで使うことはできないので注意してください。

 

20170928122138

 

ちなみに、Logicoolのレシーバーは、ひとつで複数のLogicool製品を接続できるとか。

Unifyingタイプのレシーバーと呼ばれており、これに対応している製品であれば「最大6つ」まで同時接続できるそうです。

 

詳しくはLogicoolのページに書いてありました。

 

Unifyingレシーバー

多数のデバイスに1つのレシーバー

一対多の接続

最大6台のUnifyingデバイスに1つの小型レシーバーが対応。差し込むだけで、追加マウスとキーボードが1台のパソコンにつながります。

デバイスの接続

準備、設定して、最大6台のUnifyingデバイスまたはUnifying対応デバイスを1つのレシーバーに接続。Unifyingソフトウェアをダウンロードして、お使いのデバイスすべてを1つのレシーバーに素早く追加。

ロジクール Unifying レシーバーより引用

 

要するに、Unifyingに対応したLogicool製のキーボードとマウスを「1つのレシーバー」で操作できるということですね。

 

Mac・Windows両対応

 

先ほどレシーバーを使ってワイヤレス接続すると紹介しました。

Logicool M570tは、Mac・Windowsの両方に対応しているんです。

 

レシーバーを付け替えれば、どちらのデバイスでも使えるというわけですね。

 

必要システム
Windows
10以降、8/RT、7、Vista、XP
Mac
OSX10.5以降
ChromeOS
USBポート
ネット環境
ソフトウェアダウンロード時

 

後述しますが、Logicoolのドライバをカスタマイズすれば、さらに便利になるはずです。

 

本体は重い・グリップがしっかり

 

M570tの本体重量は138g(電池込み)と、わりと重たくなっています。

 

20170928121319

 

マウスの重さは、軽すぎず重すぎずが良いですよね。

 

でも、よく考えてください。

トラックボールマウスですよ?動かしませんよね?

 

トラックボールマウスは、指でカーソルを操作するため、むしろ重たい方が良いと思っています。

また、グリップもしっかりしているので、ちょっと力を入れた程度じゃ動かなくなっているので、むしろありがたい。

 

2つのボタンをカスタマイズ

 

Logicoolのトラックボールマウスには、左右中クリックの他に2つのボタンがついています。

 

20170928123348

 

ここには、戻るや進むなど、好きなコマンドを設定できるんです。

 

Macは非対応のマウスも多い中、さすがはLogicool。ドライバをインストールすれば、戻るなどのキーボード入力をカスタマイズできます。

 

20170922164747

 

ちなみに私の場合、MissionControlと戻る(command + ←)を設定しています。

ミッションコントロールというのは、Macでcontrol + ↑を押した時に、使用中のアプリをまとめて表示できるアレです。

 

アプリ間の移動が便利になるので、”進む”がいらない方はぜひ。

 

加速度を設定

 

こちらもLogicoolドライバを使って設定するのですが、トラックボールマウスのカーソル移動は、早すぎると制御できません。

慣れればなんとかなるんですが、個人的にトラックボールマウスは遅い方が使いやすいと思っています。

 

そのような設定が、ドライバのみで調整できちゃうんですよね。

 

20170922165039

 

これがLogicoolクオリティ!

 

電池持ちは良さそう

 

使用頻度によって変わるとは思いますが、電池持ちは良さそうです。

 

20170928133358

 

1ヶ月ほど使い続けたのですが、95%までしか減っていませんね!

 

また、電池残量が減ってくると通知が来るらしいです。

これに関しては、まだ確認できていないので、確認でき次第、追記か別の記事で紹介します。

 


デュアルディスプレイで超便利!

 

実際に使ってみて気づいたのですが、

正直、トラックボールマウスで1番感動したのはこれです。

 

デュアルディスプレイに限らず、ウィンドウの左端から右端まで移動するのに、マウスを何度も動かす、っていうような経験はありませんか?

 

20170928124637

 

そんな時に、M570tならトラックボールを思いっきり回すだけ。

 

ギュイーーンという音とともにカーソルが高速移動!

これだけで、隣のディスプレイまでひとっ飛びできちゃいます。

 

複数のディスプレイを使っている人や、カーソルの速度を極端に遅くしている人にオススメ。

 

ボールは取り外せる

 

Logicoolのトラックボールは、実は簡単に取り外せるんですよね。

本体裏側にある「穴」からボールを押し出すだけ。

 

20170928124741

 

これだけでボールが取り出せます。

 

20170928124834

 

ボールと本体が接触する部分に埃とかが引っかかりやすいので、これはかなり便利です。

工具を使わず、どこでも掃除できるっていうのがいいですよね!

 

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t
Amazonでチェック

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

まだ使ったことがない方は、ぜひ一度試してみてほしいって言えるほど魅力的なマウスでした。

 

  1. マウスのスペースが取れない方
  2. カスタマイズできるマウスがほしい方
  3. 変わったマウスを使いたい方

 

ひとつでも当てはまった人は、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

ではまた。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう