Zowie P-SR マウスパッド レビュー

今回は、Zowie P-SRという「ゲーミングマウスパッド」をレビューします。

 

FPSのようなゲームと相性の良い「布製マウスパッド」で、ゲーミングマウス G502WLで使ってみました。

「動かしやすいのにしっかり止まる」というちょっと不思議なマウスパッドだったのでチェックしてみてください。

はじめに

 

今回レビューする「BenQ Zowie P-SR ゲーミングマウスパッド」がこちら。

 

Zowie P-SR

 

見た目は普通の布製マウスパッドですね。

私がこれまで使用してきたマウスパッドは「Logicool G440t」や「よくわかんない布製マウスパッド」など。

 

Logicool G440t

 

ハードタイプのマウスパッドは、どうしてもピタッと止まるのが難しいんですよね。

逆に布製マウスパッドは抵抗力が強く、動かすときに引っ掛かる感じがあるイメージでした。

 

Point

ハードタイプのマウスパッドはピタッと止まれない?

布タイプのマウスパッドは引っかかって動かしにくい?

 

これらと「Zowie P-SR」を比較すると、サラサラ動くのにしっかり止まるという印象を受けました。

FPSのような正確性が重視されるゲームにもってこいのマウスパッドですね。

 

BenQ ゲーミングマウスパッド Zowie P-SR 小サイズ/100%フルフラット仕上げ

 

瞬時にエイムを合わせるときに重要だね!

 

Zowie P-SRを販売しているメーカーは「BenQ

私が使用している144Hzのモニターや、E-Sportsで採用されているモニターもBenQ製のものが多いらしいです。

 

BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ ZOWIE XL2411P 24インチ/フルHD/HDMI,DP,DVI端子/144Hz/1ms/ブルーライト軽減

 

ゲーム業界に明るいメーカーが作っているというのが安心できますね。

 

Zowie P-SRのざっくりレビュー

 

配送状態や細かい仕様を見ていく前に、ざっくりとしたレビューを紹介します。

 

使い心地
品質
価格
グリップ感
サイズ

 

Zowie P-SRの良いところ

 

  • 動かしやすく止まりやすい
  • 繊維が細かくしっかりした造り
  • 上下と左右で抵抗感が同じ
  • サイズは小と大の2種類がある
  • ワンポイントロゴのシンプルなデザイン

 

Zowie P-SRの悪いところ

 

  • グリップ感がちょっと弱い
  • 他の布製マウスパッドより価格が高い
  • 筒状で配送されてきた

 

2か月ほど使ってみた結果はこんな感じですね。

今のところ、ほころびや劣化は見られません。

 

Zowie P-SRの配送状態

 

Zowie P-SRの配送状態はこんな感じ。

 

Zowie P-SR 配送状態

 

筒状の箱に「丸まって」入っていたんですよね。

そのため、画像のようながついてしまい、端が若干浮いてしまいました。

 

Zowie P-SR マウスパッド

 

この点はちょっと、いやかなり残念...

 

すでに2か月ほど使ってみましたが、マウスパッドの右側は少しだけ浮いています。

 

マウスを強く操作するとずれる

 

おそらく端が浮いているのが原因ですが、マウスを素早く動かしたときに「マウスパッドがずれる」ことがありました。

いつの間にかマウスパッドが斜めになっていたり...。

 

使い物にならないというほどではないですが注意してください。

一応、背面は摩擦の強い素材で作られています。

 

Zowie P-SR グリップ性能

 

センシが低く、勢いよくマウスを操作する方は注意が必要かも

 

Zowie P-SRに付属品はなし

 

Zowie P-SRの付属品はこちら。

 

  • Zowie P-SR本体

 

マウスパッド以外の付属品は特にありませんでした。

 

マウスパッドだけなら説明書不要だね

 

サイズは大と小の2種類

 

執筆時現在、Amazonで販売されているZowie ゲーミングマウスパッドのサイズは「大」と「小」の2種類。

それぞれ、サイズは以下のようになっています。

 

Zowie ゲーミングマウスパッド P-SRZowie ゲーミングマウスパッド G-SR
355 x 315 x 3.5 mm480 x 400 x 3.5 mm

 

私が購入した「Zowie P-SR」は小サイズ。

大サイズのマウスパッドは「G-SR」っていう名前になっているようですね。

 

BenQ ゲーミングマウスパッド Zowie G-SR 大サイズ/100%フルフラット仕上げ

 

Zowie P-SRのサイズは「Logicool G440t」とほぼ同じくらい。

 

Logicool G440t

 

重ねるとこんな感じ

 

ちなみに、FPS系のゲームでは「大サイズ」のマウスパッドを使っている方が多いみたいです。

私は、デスクのスペース価格などを判断して「小サイズ」を選びました。

 

センシに合わせてサイズを選ぼう

 

マウスパッドは「センシ(マウス感度)」によって推奨サイズが変わってきます。

私のセンシは「振り向き8.5センチくらい」なので、小サイズで問題なく使えています。

 

P-SR 振り向き8センチ

 

振り向き25センチとかの方は、大サイズの方が良いかもしれません。

 

ローセンシ・ハイセンシってやつだね

 

P-SRは繊維が細かいマウスパッド

 

Zowie P-SRは、繊維の細かいマウスパッドになっています。

 

Zowie P-SR 縫い目

 

こんな感じでかなり細かく縫い合わせられているので、マウス操作時の引っ掛かる感じが全くありません。

それでいて、布製マウスパッドの強みである「ピタッと止まるのもバッチリ」という不思議なマウスパッドなんです。

 

Point
過去に使った布製マウスパッドと全然違う!

 

「ハードタイプのマウスパッド」を使ってきた私からすると、P-SRの布製マウスパッドに変えただけでエイム精度がアップしました。

 

Zowie P-SR 縁

 

縫い目の方向が偏ってないのが良いのかな?

 

ハード系のマウスパッドでFPSをやっている方は、ぜひ布製マウスパッドを使ってみてください。

布製マウスパッドの操作感自体は「PCのスリーブケース」に近い感じですね。

 

Zowie ロゴはワンポイントのシンプルな造り

 

Zowie P-SRのロゴは「左上」に小さく入っています。

 

Zowie P-SR ロゴ

 

こんな感じでワンポイントなので、主張しすぎないシンプルなマウスパッドとなっています。

ゲーミングデバイスの派手な感じが苦手な方や、ロゴが目立ちすぎなデザインが好きじゃない方にもオススメのアイテムになっています。

 

Point

Zowie P-SRのロゴは左上にワンポイントだけ

派手すぎないデザインがいい感じ!

 

Zowie P-SRの価格は高い

 

ゲーミングマウスパッドは、ハード・布にかかわらずだいたい2000円くらいのものが多いですよね。

 

Amazon マウスパッド ゲーミング

 

そんな中、Zowie P-SRの価格は執筆時点で「3981円

ゲーミングマウスパッドの中ではかなり高価な部類だと思います。

 

P-SRと同じくらい人気のある「SteelSeries QCK」という布製マウスパッドと比較しても、約2倍近い価格差なんですよね。

 

【国内正規品】SteelSeries QcK マウスパッド 63004

 

マウスパッドにそこまで出せないよ!っていう方も多いと思います。

ただ、逆に考えると「P-SR」はマウスパッドの中でも最高級ということです。

 

Point
Zowie P-SRは高価なマウスパッド!

 

実際に使ってみた感覚としては、高価なマウスを購入するよりも、良質なマウスパッドを使った方が上達の近道だと思っています。

これまでマウスパッドは適当に選んでいたという方は要チェックです。

 

Zowie P-SRでぴったりエイム

 

Zowie P-SRを使うと、エイムがぴったりと止まるんですよね。

以前レビューした「Logicool G502WL」との相性もチェックしてみました。

 

Zowie P-SRとLogicool G502WL

 

 

練習は必要ですが、こんな感じで狙った位置でピタッと止めることができます。

1マガジンで瞬時にエイムできた時の爽快感にハマりました。

 

 

ハードタイプのマウスパッドでも意識すればできたんですが、布製マウスパッドの方がより操作しやすいと思います。

正直、今後FPSでハードタイプのマウスパッドに戻ることはないですね。

 

FPSゲームで布製マウスパッドの方が人気な理由がよくわかる性能でした

 

「Logicool G502WL」や「G502Hero」で使ってみましたが、ソールが引っかかったりはなく、とても快適に使えています。

P-SRとの相性は普通に問題ない感じですね。

 

Point
P-SRとG502の相性は問題なし!

 

ただマウスパッド自体が薄いので、デスクとぶつかる感じが苦手な方は、ハードタイプのマウスパッドを敷いてみるのもいいかも。

私は「G440t」の上にP-SRを置いて使っています。

 

 

ちなみに、その他のデバイスはこんな感じ(2019/07 現在)

 

モニターBenQ XL2411P 24インチ
マウスLogicool G502WL
マウスパッドZowie P-SR
ヘッドセットSteelSeries Arctis 5 (2019 edition)
キーボードBEBONCOOL 左手キーボード

 

軽いマウスの方が相性が良いかも

 

実際に使ってみたところ、Zowie P-SRは軽いマウスの方が操作しやすいと感じました。

 

Logicool G502WL おもりの重量

 

私自身、重たいマウスの方が好きで「Logicool G502WL」のおもりをすべて追加していました。

これで、だいたい131gくらいです。

 

ゲーミングマウスの中でも重たい部類だね

 

ただ、マウスパッドを「Zowie P-SR」に変えてからは、G502WLのおもりをすべて外しています。

個人的に、Zowie P-SRのような布製マウスパッドは「軽いマウス」の方が相性が良いように感じました。

 

Logicool G502WL 重量

 

あまり重すぎるマウスだと「抵抗感」が強すぎて疲れるかもしれないので注意してください。

 

Zowie P-SRのまとめ

 

今回レビューした「Zowie P-SR」は、FPSに最適なマウスパッドだと感じました。

これまでハードタイプのマウスパッドを使っていた方や、適当なマウスパッドを使っていた方にオススメのアイテムとなっています。

 

BenQ ゲーミングマウスパッド Zowie P-SR 小サイズ/100%フルフラット仕上げ

 

高価なマウスやモニターを購入するより、マウスパッドから見直した方が上達の近道になるかもしれませんね。

ぜひ試してみてください。

 

 

ではまた。

過去にレビューしたアイテム