【Rails】モデル作成時の規約・命名規則!

Ruby on Railsはファイルの作成時などで規約があります。

 

この規則をしっかりすることで、ファイルの作成をスムーズにできるので備忘録を兼ねて記載します。

今回はその中の「モデル(Model)作成時の規約・命名規則」です。

はじめに

 

今回紹介するモデルの規約というのは「MVC」でいうモデルです。

MVCというのは「Model View Controller」のことで、Ruby on Railsのアプリケーションは、このMVCを使って構成されます。

 

これらのModel View Controllerにはそれぞれ命名規則があるのですが、今回はモデルを作成する時の規約です。

 

Model(モデル)の規約

 

さて、本題の「モデルの命令規約」ですが、モデルを作成する時には以下のような規則があります。

最初の文字は大文字

単数系

 

つまり「sample」というモデルを作成しようとした時は「Sample」というようになり「Samples」にしてはいけません。

 

まとめ

 

今回紹介したようにRailsで作成するモデルの命令規約は「最初大文字、かつ単数系」で作成してください。

このようにすることで、スムーズにアプリ開発ができるので覚えておくようにしましょう。

 

 

ではまた。

過去にレビューしたアイテム

おすすめの記事