こんにちはクリアメモリです!

先日、iOS9.0.2ががリリースされたことに伴ってiOS SDK と Android SDKがAdColonyからリリースされました。

 

私はUnityでアプリ開発をしています。

その中でAdColonyの動画広告を導入させてもらっているのですが、Unity版のSDKがリリースされたらアプリのアップデートを申請しようと思っていました。

 

ですが、一向にiOS9用のUnity SDKがリリースされません。     そこで、iOS用のSDKをUnityに直接導入する方法を取ることにしました。

今回はその方法を紹介します。

 

 

はじめに

 

大まかな流れをお話しします。

 

  1. iOS SDK最新版をダウンロード
  2. 古いバージョンのSDKを削除
  3. 新しいバージョンのSDKを導入
  4. 実機でテスト

 

このように4つの工程で終了するので、もし同じようにUnity SDKのリリースを待っているという人はお試しください。

 

環境

 

実装環境
Unity 最新版 (5.2.1)
xcode 最新版 (7.0.1)
AdColony iOS SDK 2.6.0

iOS SDK最新版をダウンロード

 

まずこちらへアクセスし、iOS SDKをダウンロードしてください。

AdColony iOS SDK 2.6.0

リンク先をクリックするととこのようにGitHubへ飛ぶので、ダウンロードしましょう。

 

20170513170941

 

右の方にある Download Zip を選択するとダウンロードが開始されます。

 

20170513171037

 

古いバージョンのSDKを削除

 

次にUnityを開いてください。

 

Assets > Plugin > iOS と進んだ先にある AdColony.framework というファイルを削除しましょう。

※念のためバックアップを取っておいてください。

 

20170513170543

 

古いバージョンのSDK削除は、これで完了しました。

 

新しいバージョンのSDKを導入

 

先ほどAdColony.frameworkを削除したファイルが保存されていた Assets > Plugins > iOS へアクセスしましょう。

 

そこへ、ダウンロードしたiOS SDKの中にあるAdColony.frameworkというファイルをコピーします。

これだけで、iOS9に対応したAdColonyをUnityアプリに導入することができました。

 

実機でテスト

 

Unityに変更を加えたので、必ず実機でテストをしましょう。

(実機テストをする際にはAdColony広告をテストモードにしておく必要があります。)

 

実際にテスト用広告が表示されたら成功です。

 

まとめ

 

iOSアプリをアップデートしようとしていたところで、新しいiOS SDKがリリースされたのでUnity版のアップデートできていなかったのですが、この方法でiOS 9に対応させることができました。

iOS9ではUnityのフォントが???になってしまう場合があります。

 

解決策があるのでこちらから見てみてください。

 

今回の方法はあくまで「Unity SDK を無理やりアップデートする方法」なので実行する際は全て自己責任で行ってください。

ではまた。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう