【Unity】音声ファイルの拡張子は気をつけた方が良いかも!?

Unityでアプリを作る時、必ずといって良いほど音をつけると思います。

音とはBGMだけではなく効果音などもすべてです。

 

音声ファイルの拡張子は一般的にMP3が多いと思うのですが、Unityで音声ファイルを使う時の拡張子はMP3を使わないほうが良いです。ではどのような拡張子が使えるのか紹介します。

はじめに

 

今回紹介する内容は「Unityで音声ファイルを使う時の拡張子」についてです。

Unityで使う音声ファイルの拡張子は対応していないものや、あまりオススメできないものなどがあります。

 

結論から申しますと、Unityで使う音声ファイルは「.ogg」がオススメなのですが、まずはUnityに対応している音声ファイルの拡張子から見ていきましょう。

 

Unityに対応している拡張子

 

Unityに対応している音声ファイルは

  1. .mp3
  2. .ogg
  3. .wav
  4. .aiff/.aif
  5. .mod
  6. .it
  7. .s3m
  8. .xm

です。

 

見てわかる通り様々な種類の音声ファイルがあるので、特にコンバートしなくてもUnity上では使えると思います。

ですが音声ファイルでよく使われている拡張子でも、使用時に気をつけた方が良いものがあります。

 

そのような時は以下の記事を参考にして「.mp3」で保存されている音声ファイルを「.ogg」や「.wav」に変換して使いましょう。

 

 

オススメしない拡張子

 

結論から言うと、Unityで使わないほうが良い拡張子は「.mp3」です。「.mp3」は音楽ファイルにも使われている拡張子で、拡張子ってなに?というような人でも見たことがあるのではないでしょうか。

ですが、.mp3の音声ファイルを使う時は幾つか注意点があります。

 

まず1つ目は「.mp3にはライセンス料が発生する」というもの。

とは言ってもライセンス料は.mp3を用いたアプリをリリースしてすぐに発生するというわけではありません。

 

mp3を用いたアプリが5000配布されたら2500ドルほどかかってしまうようです。

しかもこの料金発生は1タイトルごとに請求されるようです。

 

2018/04/17 追記:拡張子「.mp3」使用時のライセンス料はなくなったそうです。

 

こういった理由から拡張子が「.mp3」の音声ファイルは使わないことをオススメします。

ではどのような拡張子を使えば良いのか見ていきましょう。

 

オススメの拡張子

 

冒頭でも紹介しましたが、私がずっと使っている拡張子は「.ogg」です。

Unityアプリを既にリリースしている方は.oggを使っているかと思いますが、初めてUnityでアプリを作っているという方はリリース前に確認してみてください。

 

また、oggをオススメするはもう1つあります。

.oggは動作が軽いんです。

 

これに関しては私の体感なので、正しいかどうかわかりませんがmp3などを使っている時に比べてGameビューを再生した時の動作が軽くなっているような気がしています。

 

まとめ

 

今回紹介したように、Unityでアプリを作る場合は「.ogg」をおすすめします。

私自身まだまだ初心者ですが、アプリを作り初めてからずっと「.ogg」ファイルを使っています。

 

アプリに人気が出て喜んでいたら、ライセンス料の請求がきた...なんてことになってしまったら悲惨ですからね。注意してください。

 

 

ではまた。

過去にレビューしたアイテム

関連記事
おすすめの記事