こんにちはクリアメモリです!

この記事は Web開発 について覚えておきたいことを、メモ書き程度にまとめておく記事になります。理解が足りていなかったり、浅いこともあるかと思いますので注意してください。

 

また、こちらの内容は改めて記事に興すかもしれません。 備忘録記事なので、参考程度に読んでみてください。

jQueryでdisabledを使う

 

htmlで作成した「input button」を無効にするためには「disabled」を使う。

jQueryでdisabledを使うためには「prop( )」が必要になる。

$(“#aaa”).prop(“disabled” ,  true);

要素 .prop ( “disabled” ,  無効にするかどうか);

disabled = trueの場合は無効になり、falseにすると有効になる。

正負を逆にしないように注意。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう