【Twitter】フォロワーを購入した数がわかるかも!?Fakersの使い方&使ってみた

みなさんはTwitterを利用していて、フォロワーの数を意識しますか?

 

今回は、購入したフォロワーや非アクティブになっているフォロワーなど、いわゆる「偽物フォロワー」の比率を調べられるWEBサービス「Fakers」を紹介します。

実際に、私が使用している当ブログのTwitterアカウントも解析してみました。

はじめに

 

Twitterを運営していると、よく知らない人やちょっと怪しいアカウントからフォローされることがあると思います。

私のように、ブログ用TwitterをBotとして運営していると、定期的に怪しいアカウントにフォローされます。

 

中には、フォロワーを購入している人もいるかもしれません。

そこで、今回は、Twitterのフォロワーが「アクティブ」「非アクティブ」「偽物」がどの程度の比率いるのかを調べられるWEBサービス「Fakers」を紹介します。

 

Fakersにアクセス

 

Fakersには、こちらからアクセスしてください。

https://fakers.statuspeople.com

 

 

こんな感じのページが表示されると思います。

だいたいわかるかと思いますが、「Connect to Twitter」をクリックするだけで解析開始。

 

実際に使ってみよう

 

では、実際にFakersを使ってみましょう。

先ほどアクセスしたページから「Connect to Twitter」をクリックしてください。

 

解析したいアカウントにログインし、Twitterと連携します。

 

20180122182143

 

連携アプリを認証」をクリックするだけ!

自動的にFakersでの解析が開始されます。

 

20171212074827

 

少し読み込みがあるので待ちましょう。

解析結果の中に「Fake」「Inactive」「Active」の3項目があるはずです。

 

  1. Fake _ 偽物のアカウント
  2. Inactive _ 非アクティブ
  3. Active _ アクティブ

 

みなさんの比率はいかがだったでしょうか。

ちなみに、Fakeが0%じゃないからといって、必ずしもフォロワーを購入しているわけではありません。

 

どのように分類しているのかはわかりませんが、有名人であっても「1%〜10%」くらいはFakeに分類されるフォロワーがいるそうです。

 

実際に使ってみた

 

最後に私が運営している、当ブログのTwitterアカウント「@clr_memory」でFakersを使ってみました。

結果がこちら!

 

 

Fake > 1%

Inactive > 26%

Good > 73%

という結果になりました。

 

まとめ

 

今回紹介した「Fakers」を使うことで、フォロワーの中のどれくらいが偽物なのか・非アクティブなのかを調べることができました。

フォロワーの数によっては誤差も増えますが、アカウントを分析する材料になって面白いので、試しに自分のアカウントを解析してみてはいかがでしょうか。

 

ではまた。

過去にレビューしたアイテム

関連記事
おすすめの記事