シェアする

ナビゲーションメニューはドロップダウン系のボタンは使わない方が良い

先日、ブログのSEO強化について調べていたところ、ナビゲーションメニューに配置するボタンをドロップダウン型にしない方が良いという情報を見ました。

そこで、今回はナビゲーションメニューにドロップダウンのボタンを使わない方が良い理由を紹介します。

はじめに

ナビゲーションメニューをドロップダウン型のボタンにしてしまうと、SEOを重視する上であまりよくないらしいんですよね。

私自身、ブログのカスタマイズをしている時に、ナビゲーションメニューのボタンをドロップダウン型にしようと思っていたのですが、SEOのことを考えてカスタマイズをやめました。

ここまでで「ナビゲーションメニュー」や「ドロップダウン型」などのキーワードが出てきましたが、これらのボタンはどのようなものなのでしょうか。

以下から紹介していきます。

ナビゲーションメニューって?

まずナビゲーションメニューですが、ナビゲーションメニューというのは「タイトルのすぐ下に配置するボタン」です。

サイトの上部が以下の画像のようになっているものをナビゲーションメニューと呼んでいます。

スクリーンショット 2016-06-16 17.02.35

これは私のブログのタイトル下なのですが、これらのボタンから「HOME」や「カテゴリー」ページにアクセスできるようにしています。

ドロップダウンって?

続いて、ドロップダウンメミューというのはどのようなものなのか見ていきましょう。

ドロップダウン型のナビゲーションメニューというのは、例えば「ボタンの上にマウスが乗った時に、カテゴリーの内容を表示する」というようなボタンのことです。

スクリーンショット 2016-06-16 17.48.57

この画像のナビゲーションメニューは、今作成したものなので細かい調整などは行っていませんが、このようにマウスが乗った時に内容を表す項目が表示されるようになっています。

このようなものがドロップダウン型と呼ばれており、実際に行っているサイトも時々見かけますよね。

ですが、このようなカスタマイズはSEOの観点からするとあまり良くないようです。

その理由を以下から紹介していきます。

ドロップダウンはSEO的にNG?

ドロップダウン型のナビゲーションメニューというのは、SEOの強化を目的にしているとやはりよくないんですよね。

サイトの評価をするのが人間であれば、ドロップ型のメニューというのは場所をとらなかったり、動きがあったりと綺麗なカスタマイズがされているので良いサイトのように感じるのですが、評価をするのは人間ではなくロボットです。

ナビゲーションメニューをテキストリンクにするのはGoogleが推奨しているもので、ユーザーやロボットが目的のページを探しやすくなります。

またテキストリンクにすることで、どの項目が重要なのかGoogleが認識しやすくなるんです。

認識しやすくなると、Googleの評価を受けやすくなりますので、ナビゲーションメニューはドロップダウン型にしない方が良いということですね。

ナビゲーションメニューはどうすれば良いの?

ドロップダウンメニュー型はSEO的によくないと書きましたが、では自分のサイトはどのようなメニューにすれば良いのか紹介します。

結論から紹介しますと、やはり「テキストリンク」ですね。

テキストリンクというのはナビゲーションメニューからワンクリックで任意のページに飛べるようにするものです。

例えば先ほど紹介したナビゲーションメニューであれば、カテゴリーをドロップダウン型にするのではなく、ナビゲーションメニュー内にそれぞれ表示するというような実装をした方が良いようです。

スクリーンショット 2016-06-16 18.08.41

このようにナビゲーションメニューのリンク先が一目でわかるようにしておいた方が良いということですね。

※ここではリンクのスタイルを変更していませんが、underlineやcolorを変更しても構いません。サイトに合わせたデザインにしてみましょう。

><


まとめ

今回紹介したように、ナビゲーションメニューをドロップダウン型にしてしまうと、ユーザーやロボットが目的のページに到達しにくくなってしまいます。

SEOなので確実な情報ではないかもしれませんが、ナビゲーションメニューをテキストリンクにするというのはGoogleが推奨していることなので、現在ナビゲーションメニューをドロップダウン型にしているという方は注意してみてください。

ではまた。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で