Qtuo 激安ワイヤレスマウスをMac用に購入してみた Part1

シェアする

先日、Qtuoから販売されている「ワイヤレスマウス」を購入してみました。

そこで使ってみた感想や、値段について紹介していこうと思います。

はじめに

まずは、今回紹介する商品を確認してください。

私が今回購入したマウスは、こちらの Qtuo ワイヤレスマウスになっています。

購入に至った経緯

私は今まで、Apple の Magic Mouse をずっと使っていたのですが、ネットでよく言われているように「電池持ちが良くない」という理由から購入しようと考えました。

Apple Magic Mouse も使いやすいのですが、やはり電池の交換が面倒なのと、後述するのですが数ヶ月分の電池代で今回のマウスが買えてしまうというのも購入に至った理由の一つです。

Apple Magic Mouseの場合、マウス使用頻度が多い人によっては1週間程度で電池が切れるということもあったのではないでしょうか。

私もその一人です。

最近のMagic Mouseは充電式になっているようですが、こちらもケーブルの挿し口が底面と、かなり使いづらそうです。

そこで登場するのが、今回のQtuo ワイヤレスマウスです。

では価格を見ていきましょう。

Qtuo ワイヤレスマウスの価格

購入時( 2016/09/17 )の価格で、898円でした。

Magic Mouseが使えるうちは、マウスの購入を考えていなかったのであまり調べてこなかったのですが、ここまで安いマウスが存在するとは思っていませんでした。

レビューを見た感じでも、コスパ最強などと言われていたので、ほぼ一目惚れでした

Apple製品はもともと高いですが Magic Mouseの約12000円と比べてしまうと、確かにコスパ最強ですね。

Qtuo ワイヤレスマウスの使用感

使用感と言っても、まだ期間があまり経過していないので詳しい紹介はできないかもしれませんが、一例として捉えてください。

ちなみにドライバなど面倒なソフトは、基本的に必要なく購入後PCと接続すれば、すぐに使用することができました。

付属物

こちらのマウスに付属していたのは、ワイヤレス接続のための「レシーバー」のみでした。

※単三電池が必要になるのですが、私の場合は付属していませんでしたので別途で購入する必要があります。

img_1526

かなり小さいので紛失注意ではありますが、基本的にPCに接続しているのでおそらく問題ないでしょう。

あまり大きすぎても邪魔ですしね。

こちらのレシーバーはUSBポートに差し込んで使用しますので、ポートが1枠埋まることになります。

もし空きがない方は、注意してください。

ちなみに、配送時も同じの状態なのですが、こちらのレシーバーはマウス本体に差し込むことができます。

img_1528

マウスを外出先で使用する方や、持ち歩いて使用する方にとってはかなり助かるのではないでしょうか。

重さ

続いて重さです。以下を見てください。

img_1524

単三電池を入れた状態で94グラムでした。

また、一応新品単三電池の重さも計っておきましたので、その分を引くとマウス本体の重さがわかると思います。

img_1525

単三電池の重量に個体差があるかは知りません。

ちなみにApple Magic Mouseはこのくらい。

img_1535

※電池入り。

このように若干の重さの違いはありましたが、体感では全くわからない程度でした。

最近はこれ以外のマウスを使っていなかったので、他の製品と比較ができないのですがQtuo マウスを最初に持った印象は、思ったより重くないなという感じでした。

反応は?

今日現在 ( 2016/09/23 )まで使用している感覚としては、まったく問題なく使用できています。

反応が悪いと言ったこともなく機能しています。

ただ、ワイヤレスで接続しているので距離が遠かったり、何か遮るものがあったりすると反応しなくなる可能性はあります。

普段使用する分には問題ないでしょう。

( マウスの寿命は除く )

接続距離

マウスとPCがどのくらいの距離まで反応できるのか試してみました。

目測ですので、かなり曖昧な数値になってしまうのですが、だいたい10メートルくらい離れても捜査することができました。

とはいってもここまで離れるとPCの画面自体見えないので、10メートル離れて使うことはないと思いますけどね。

ただしこれは直線で、遮るものがない状態での計測になっています。

壁で遮ってしまったりすると、やはり反応が悪くなってしまい、スクロールが鈍いような入力を受け取れていないような状態になります。

注意してください。

本体のボタン

こちらのQtuoマウス、実は使用可能なボタンがたくさんあるんですよね。

まず、左右中クリックはもちろんの事、親指側に「戻る」「進む」ボタンがくっついています。

img_1539

iPhoneでの撮影なので、ボケてしまっていますがこのデコボコしたのがそれぞれボタンになっており、ブラウザやFinderなどでの「戻る」「進む」ボタンとして使用できます。

親指で押すことができるので、ブラウザバックの時に素早くクリックできますね。

ただし注意点があります。

Amazon商品ページに以下のような記述があります。
【必要システム】Windows、Mac、Linuxなど多数のOSを対応出来ます。ご注意:MAC OSは一部の機能を公表ではありませんので、このマウスのサイドキーがカスタマイズ・設置出来ません。ご注意ください。

Qtuo 2.4G ワイヤレスマウスより引用

このようにMacでこのマウスを使用する場合、デフォルトの状態では使用できません。

ですが、Karabinerというアプリケーションを使用することで、これらのボタンに好きなコマンドを割り当てることができるようになります。


追記:

Karabinerというアプリケーションを利用して、マウスの4ボタン5ボタンをカスタマイズする方法について記事を公開しました。

戻る・進む以外にもコマンドを設定することができるので、ぜひ確認してみてください。

Karabinerで5ボタンマウスに戻るやリロードを割り当てる方法
先日、Amazonにてマウスを購入しました。 ですが、デフォルトの状態だと4、5ボタンがMacでは機能しなかったので、そのような場合に好きなコマン...


さらにこちらのマウスには、ミドルクリックの下「CPI」と書かれたボタンがあるのですが、こちらのボタンでは「マウスの速度」を調整できます。

例えば、このボタンを1回押したら通常の速度、2回押したらちょっと速くなり、3回押したらさらに速くなる。

このような感じで、最大5段階の調整ができます。

CPIボタンを押すと、赤く光るので、その光った回数で現在の速さを確認することができます。

少し長くなりすぎてしまったので、次回で続きを紹介しようと思います。

次回は、「マウスパッドの必要性」「ホイールの重さ」「持ちやすさ」「配送の状態」「耐久性( 進行形 )」などについて紹介していこうかと思っています。


追記:2017/01/10現在

再追記:2017/02/16現在

購入からしばらく使用してみましたが未だ電池は切れていません。

使用頻度などによって消費量は変わってくると思いますが、購入直後に電池を入れただけで取り替えていないので、電池の消耗はかなり抑えられているのだと思います。


 Qtuoマウス 購入レビュー Part2 >>

確認してみてください。

ではまた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。