シェアする

アドセンス以外の広告が勝手に表示される時の対処法

先日、ブログのカスタマイズをしていたところ、自分で貼り付けたアドセンス広告の中に「MicroAd」という広告が紛れ込んでいました。

カスタマイズのミスがあるのかと思っていたのですが、AdSenseの設定で表示するかを選択することができたので紹介します。

はじめに

Google AdSenseをブログに貼り付けた場合、ページを更新するたびにユーザーに合った広告がランダムで表示されます。

その中に「MicroAd」という広告がありました。

MicroAdが表示されることでの利点と欠点はよくわかっていないのですが、AdSenseをはっているはずなのにMicroAdが表示されるということに違和感を感じたので、非表示にする方法を探してみました。

広告表示にプラグインを使っていたためにAdSenseの中にMicroAdが紛れ込んでしまったのかと思っていたのですが、実際はアドセンスの管理画面から対処できます。

MicroAdとは

MicroAdはアドセンスと同じように「ユーザーに合わせた広告」が表示されるようなのですが、まずは表示された広告がAdSenseなのかMicroAdなのかを確認しましょう。

表示された広告の右上にあるボタンを確認してみてください。

( i )というようなボタンがあると思いますので、このボタンの上にマウスカーソルを乗せてください。

スマホの場合は( i )をタップすれば良いです。間違えて広告部分をタップしないように注意してください。

この( i )ボタンの上にカーソルを合わせると「Ads by Google」か「Ads by MicroAd」と表示されると思います。

(これ以外の表示の場合は今回の方法で対処できない可能性もあります。)

ここで「Google」と表示されるか「MicroAd」と表示されるかで、どこの広告が貼られているか確認することができるので確認しましょう。

ここでMicroAdが表示される広告は、表示させないようにすることもできます。

この方法を使うことで、収益や広告の取得に影響が出るのかは今の所わかりませんが、私は気になってしまったので表示させないことにしました。

ではMicroAd広告を表示させないようにしてみましょう。

MicroAdを表示しないようにする

Google AdSenseの管理画面を開き、上部のタブから「広告の許可とブロック」を選択しましょう。

スクリーンショット 2016-03-28 21.54.02

コンテンツ > すべてのサイト を選択すると、以下のような項目になっているので「広告ネットワーク」を探してください。

スクリーンショット 2016-03-28 21.56.28

特定の広告ネットワークを許可・ブロックのページになるので、ここから「MicroAd」など、アドセンスの代わりに表示されてしまう広告を探しましょう。

検索広告ネットワーク欄に広告名を書き込むと簡単に探すことができると思いますよ。

スクリーンショット 2016-03-28 21.59.31

試しにMicroAdを検索してみると「MicroAd」「MicroAd China」など、複数のMicroAdが表示されると思います。

この広告ネットワークをブロックすれば、アドセンスのページにMicroAdが表示されることはなくなります。

スクリーンショット 2016-03-28 22.01.04

「許可済み」の左側にあるスライダーをブロックに変更するだけで簡単に非表示にすることができるので、現在MicroAdが表示されて困っているというような場合以外ではブロックしないほうが良いかもしれません。

スクリーンショット 2016-03-28 22.03.48

広告ネットワークをブロックすると、このようにボタンが切り替わるので確認してください。このように表示されていれば保存されているので、これでMicroAdを非表示にする作業は完了です。

まとめ

Google AdSenseを使っているはずなのに、MicroAdが表示されてしまうと「アドセンスの規約に違反しているのではないか」や「クリック単価が下がるのではないか」などわからない点があったので、私はMicroAdをブロックすることにしました。

Google認定の広告ネットワークについて、Googleから説明されているページがありました。

AdSense が Google 認定の広告ネットワークと連携する仕組み

追記::

広告ネットワークをブロックすることで、収益が上がることもあれば、逆に収益低下につながってしまうこともあるようです。

MicroAdだけではなくAmazonなどの広告も表示されるようになっており、どのような広告をブロックするかについてはそれぞれのブログ、サイトによって変わってくるので注意してください。

:::::

今回の方法を使えば、Microadをブロックすることができるのですが、これによって収益への影響や広告取得への影響があるかなどについては、変化があり次第追記します。

広告ネットワークを確認するとわかる通り、許可されている広告ネットワークはかなり多くありました。おそらくMicroAd以外の広告もブロックすることができると思います。

表示させたくない広告がある場合は、今回の方法を使って非表示にしてみてはいかがでしょうか。

ではまた。