Androidエミュレーターにapkをインストールする方法

先日、Unityを使って作成したアプリをエミュレーターでテストしました。

 

AVD Managerを使ったAndroidエミュレーターにアプリをインストールする手順が少しややこしかったので、備忘録を兼ねて記載します。

はじめに

 

AVD Managerとは「Android Virtual Device Manager」の略で、字のごとくAndroid Studioから起動することができる「Androidエミュレーター」です。

このエミュレーターを使い仮想のデバイスを作成することで、実機を使わずに作成したアプリの動作を確認することができます。

 

Androidアプリを作るときに活躍するね!

 

とはいっても最終確認は実機を使うことをおすすめします。

このAVD Managetを使ったエミュレーターに作成したアプリをインストールする場合、Macであればターミナルを使用します。

 

インストールの際にターミナルからコードを入力する必要があるのでみていきましょう。

 

Point
apkのインストールは「ターミナル」を使う!

 

AVD Managerを起動しよう

 

Android Studioからプロジェクトを起動、または新規作成するとウィンドウ上部のタブに以下のアイコンがあるので探してください。

 

Android Studioのタブ

 

このアイコンをクリックすると、AVD Managerを起動できるのですが、初期状態だとテストするためのエミュレーターが追加されていません。

そこでまずはエミュレーターの作成をしていきましょう。

 

テスト用の仮想デバイスが必要なんだね

 

仮想デバイスを追加しよう

 

AVD Managerのウィンドウ左下部に「Create Virtual Device…」というボタンがあるので選択します。

 

Android StudioのCreate Virtual Deviceボタン

 

Select Hardwareというウィンドウが表示されるので、仮想デバイスとして使用する端末をインポートしましょう。

 

Android Studio 仮装デバイスの選択画面

 

今回は「Nexus 5」を使ってみることにしました。

特に問題がなければ以下のウィンドウになるまで「Next」を押してください。

 

Nexusを選択したAndroid Studioの画面

 

このページではエミュレーターの名前やスマホの向きなどを指定できます。

エミュレーターの向きは後からでもコマンドを使うことで変更できるので、あまり気にしなくても大丈夫です。

 

エミュレーターの向きを変えるコマンド

 

必要であれば、こちらからエミュレーターの向きを変えるコマンドを確認しておいてください。

 

 

全て確認できたら「Finish」を押してエミュレーターを追加しましょう。

先ほどのAVD Managerトップに追加したデバイスが表示されていれば完了です。

 

エミュレーターが追加できた!

 

もし表示されない場合は、右下部にあるリフレッシュボタンを押すか、少し待ってみると表示されると思います。

 

Android Studioの仮装デバイス欄

 

では追加されたデバイスを起動しましょう。

デバイスの再生ボタンをクリックするか、ダブルクリックするとエミュレーターが起動します。

 

エミュレーターが起動できたらいよいよ.apkをインストールする作業に入ります。

 

.apkをインストールする

 

起動したエミュレーターを確認すると、初期状態では特にアプリは入っていません。

ここに作成したアプリをインストールしていきます。

 

apkをインストールしよう!

 

ターミナルを起動し、以下のように入力してください。

 

Point
echo PATH=$PATH: /Users/ユーザー名/Library/Android/sdk

 

保存先などはsdkがある場所によって変わるので、多少書き換える必要があると思います。

正しく入力できたらEnterキーを押しましょう。

 

PATH=◯○○のように長い文が表示されると思います。

続いて同じように、今度は以下のコードを入力してください。

 

Point
cd /Users/ユーザー名/apkの保存先

 

私の場合は「cd /Users/ユーザー名/Library/Android/sdk/platform-tools」にアプリを保存しておきました。

どこにアプリを保存したほうが良いなどはわかりませんが、自分が把握できる位置に配置しておくと良いと思います。

 

※「cd」と「/Users」の間にスペースが入っていることに注意してください。

このスペースが入っていないと「No such file or directory」と表示されます。

 

これでアプリの配置を認識させることができました。

では最後に仮想デバイスのなかにアプリをインストールさせましょう。

 

以下のように入力してください。

 

Point
adb install アプリ名.apk

 

正しくアプリを認識できていればインストールが開始されるので少し待ちましょう。

もしこのタイミングで「error: more than one device/emulator」と表示されてしまうとインストールは開始されません。

 

こちらの記事を参考にして対処しておいてください。

 

 

正しくアプリをインストールできた場合はいくつか文字が表示された後「Success」と表示されます。

Successが表示されたら、エミュレーターを確認してみてください。

 

apkがインストールできましたか?

 

インストールしたアプリが追加されましたでしょうか。

もしSuccessではなく「Failure [INSTALL_FAILED_ALREADY_EXISTS]」と表示された場合は、すでにアプリのインストールが完了しています。

 

デバイス内を確認してみてください。

アプリのイストールが完了したら実際に起動し、アプリのテストを行うことができます。

 

バグがなければアプリをリリースしましょう!

 

まとめ

 

今回紹介した方法を使えば、AVD Managerを使ったエミュレーターに作成したアプリ(apk)をインストールすることができたと思います。

実機だけではなくエミュレーターを使うことによって、自分が所持していないデバイスでのテストを行うことができるようになります。

 

アプリをリリースする際には、複数の端末でテストしてみましょう。

AVD Managerで追加できるデバイスは1つではないので、必要に応じて端末を追加すると良いかもしれませんね。

 

 

ぜひ試してみてください。

ではまた。

過去にレビューしたアイテム