こんにちはクリアメモリです!

今回は、GearBestから新登場した「Teclast F7 Plus」というノートPCについて紹介します。

 

過去に紹介した「Teclast F7」に似ているシルバーのボディを採用し、重量は約1.5kgのスリムな14インチノートPCとなっています。

また、8GBメモリやIntel Celeron Gemini Lake N4100などを搭載した高コスパモデルになっているのでチェックしてみてください。

はじめに

 

今回紹介するアイテムは「Teclast F7 Plus」というノートPCについて。

 

20190121135451

 

ぱっと見は、過去モデルの「Teclast F7」や、レビューを行った「Teclast F6」に似ていますね。

 

 

OSはWindows。

ディスプレイは14.0インチのIPS液晶を採用しました。

 

20190121135405

 

Teclast F7やF6と同じようにスリムなボディを採用。

PCの雰囲気や性能は、こちらの動画でも確認できます。

 

 

高コスパながら、性能の高いメモリやCPUを搭載したモデルになっているので早速チェックしていきましょう。

 

Teclast F7 Plusのスペック・仕様

 

Teclast F7 Plusのスペックや仕様はこんな感じ。

 

スペック
システム Windows 10
CPU Intel Celeron Gemini Lake N4100
メモリ 8GB
ストレージ 128GB SSD
画面サイズ 14.0インチ
ディスプレイ IPS液晶
解像度 1920x1080
フロントカメラ 2.0MP
重量 1.5000kg
バッテリー容量 6500mAh
端子 USB3.0 x2,
3.5mm ヘッドホンジャック,
オーディオジャック,
DCジャック,
TFカードスロット
ネットワーク
Bluetooth 4.0
LAN Card -
Network WiFi
WiFi 802.11 ac
WLAN Card

 

20190121135506

 

過去に発売された高コスパモデル「Teclast F7」「Teclast F6」などよりもスペックが高くなりました。

全体的に見ると、Teclast F7のアップグレード版っぽいですね。

 

 

Teclast F7 Plusの筐体

 

筐体は「アルミボディ」のグレーっぽいシルバーカラー。

PC上部には「TECLAST」のロゴが入っており、PC使用時に光るようです。

 

20190121135607

 

ディスプレイ上部には「フロントカメラ」を搭載しているのですが、画素数は「2.0MP」と低く、おまけ程度の性能になっています。

カメラを使いたい方は、WEBカメラなどを用意した方が良さそうですね。

 

OSはWindows

 

Teclast F7 Plusは「WindowsノートPC」です。

そのため、普段PCで使っているアプリケーションを同じ感じで使用できます。

 

20190121135648

 

中華ノートPCの日本語化については、こちらも参考にしてみてください。

 

 

Teclast F7 Plusの画面サイズは?

 

Teclast F7 Plusは「14インチのIPSディスプレイ」を採用しました。

 

20190121135734

 

過去に紹介したTeclast F7と同じ画面サイズですね。

また液晶のベゼルが狭く、14インチのノートPCでありながら、本体重量は「約1.5kg」と持ち運びやすい仕様となっています。

 

20190121135759

20190121140748

 

Teclast F7 Plusのメモリ・CPU・ストレージがすごい!

 

Teclast F7 Plusは過去モデルに比べて「CPU」や「メモリ」の性能がアップ。

 

20190121135819

 

CPUは「Intel Gemini Lake N4100」メモリは「8GB」を搭載しました。

さらに、ストレージも速度が速い「128GBのSSD」を採用したことで、PCの起動時も快適に動作すると思います。

 

20190121135825

 

ただし、SSDの拡張は注意が必要かも

スペック欄には「M.2のSSDスロット」があるように書かれていますが、以前レビューを行ったTeclast F6のように、すでにSSDが入っている可能性があるので注意してください。

 

本体容量が不安な方は「TFカード(MicroSDカード)」で対応可能です。

 

20190121135925

 

キーボードに注意

 

Teclast F7 Plusは「フルサイズキーボード」を搭載しています。

キーのサイズが大きいパンタグラフキーを採用しているので、ノートPCでブログを書いたり、WEB閲覧時の入力もスムーズにできると思います。

 

20190121140412

 

ただし、中華ノートPCなので当然ですが「US配列」という点に注意してください。

JISキーボード(日本語配列)とは違い、変換・無変換がないため日本語入力用の設定が必要になってきます。

 

 

そのほかに、記号の配置やEnterキーの大きさなど、少しずつ変わっているので初めてUSキーボードを使う方は慣れが必要かもしれません。

 

キーボードはバックライト搭載

 

先ほど、配列に関する注意点を紹介しましたが、基本的には扱いやすいキーボードだと思っています。

フルサイズのキーだけでなく「バックライト」を搭載しているため、夜間や暗所でのPC作業も安心して行えますね。

 

20190121140322

 

タッチパッド搭載

 

キーボードの下には「タッチパッド」を搭載。

 

20190121140435

 

Teclast F6と同じなら、マルチタッチに対応しているはず。

画像を見てわかる通り、比較的大きなタッチパッドを搭載したことで、マウスを使うことなくノートPC単体での操作もスムーズになりました。

 

バッテリー容量もなかなかなので、カフェでブログを執筆したり、外出時用のサブデバイスとしても便利に使えそうですね。

 

20190121140513

 


Teclast F7 Plusの端子

 

Teclast F7 Plusは側面に以下の端子を搭載しています。

 

20190121140525

20190121140527

 

~ Teclast F7 Plus 端子 ~

  1. USB3.0 x2
  2. MicroSDカードスロット
  3. DCジャック
  4. 3.5mmヘッドホンジャック
  5. M.2 SSDスロット

 

USB3.0端子は2スロット。

左右に搭載されているので、USBメモリやマウスなどを使う方もOKです。

 

スペック欄には記載されていないのですが、画像を見ると「HDMI端子」があるように見えました。

これについては確認しておきます。

 

追記
GearBest商品ページ内に以下のような記載がありました。

・ HDMI Output
You can connect the device to high-definition monitor or projector

 

どうやら、HDMI接続もできるみたいです。

デュアルディスプレイやプロジェクターに映すときに便利ですね。

 

Teclast F7 Plusの総評

 

全体的に見て、Teclast F7 PlusさらにコスパがアップしたノートPCという感じ。

 

20190121140607

 

過去モデルの「Teclast F7」もコスパが高く大人気だったのですが、それ以上にメモリやCPU性能がアップしたモデルとなっています。

 

現在、GearBestではTeclast F7 Plusの発売記念セールを開催中です。

Teclast F7 Plus セール会場はこちら

 

今購入するなら「Teclast F7 Plus」がオススメですね。

ちなみに、GearBestではすでに「Teclast F7」の販売は終了していました。

 

コスパが高く、スリムで軽い14インチノートPCとなっているので、外出時のサブデバイスとしても便利に使えるので参考にしてみてください。

 

Teclast F7 Plus Notebook - PLATINUM
GearBestでチェック

 

まとめ

 

今回紹介したように「Teclast F7 Plus」はコスパの高いノートPCでした。

価格は前モデルと同じくらいなのにメモリやCPU性能がアップしているので、Teclast F7と同じように人気ノートPCになりそうですね。

 

 

ぜひチェックしてみてください。

ではまた。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう