この記事は約4分41秒で読むことができます。

iPhoneのホームボタンが効かなくなった時の対処はこれ!!

iPhoneを使っていると、だんだんホームボタンが効きにくくなってきますよね。

これはホームボタンの隙間にゴミが溜まったり、ホームボタンが潰れてきてしまったりといったことが原因で起こるようなのですが、このボタンが効かないとアプリを閉じれなくなってしまいます。

今回はホームボタンが効かなくなってしまった場合でも、簡単な設定をするだけでアプリを閉じるためのボタンを表示することができるようになるので紹介します。

はじめに

今回紹介する「ホームボタンが効かなくなった時の対処」はiPhoneでのみ設定することができます。おそらくAndroidなどでは同じ機能がないか、設定方法が変わるかすると思うので注意してください。

この方法を使えばホームボタンの代わりになるバーチャルボタンをスマホ上に表示することができるので、ホームボタンをあまり使いたくないというような人も設定しておくと良いかもしれません。

では早速ホームボタンの代わりになるバーチャルボタンを設定する方法の説明に入りましょう。

ホームボタンの代わりになるボタンを表示

ホームボタンを使わずにアプリなどを終了するために使う機能は「Assistive Touch」というiPhoneに標準で実装されている機能です。

ホームボタン以外のボタンの代わりになったりもするので、ボタンが効かなくなってきた時のために覚えておいてください。

ではまずは「設定」を開いてください。一般 > アクセシビリティという項目が有るので順番に開きましょう。

Screen Shot 2016-03-15 at 4.56.321

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Screen Shot 2016-03-15 at 5.01.031

その中にAssistiveTouchという項目が有るので、選択してください。すると以下のような画面になるので「Assistive Touch」をオンに変更しましょう。

Screen Shot 2016-03-15 at 5.03.521

スライドが緑色になっていれば「オン」になっている状態です。AssistiveTouchをオンにすると以下のようなバーチャルボタンが表示されるようになります。

Screen Shot 2016-03-15 at 5.06.241

このボタンを使うことによって「アプリを閉じる」などのホームボタンの代わりをすることができるようになります。ではこのAssistiveTouchの使い方を見ていきましょう。

AssistiveTouchを使おう

先ほどの行程で「AssistiveTouch」をオンにしてある前提で話を進めます。AssistiveTouchをオンにした時に表示されたバーチャルボタンをタップしてみてください。

Screen Shot 2016-03-15 at 5.11.331

この中に「ホーム」と書かれた項目が有るので、試しにタップしてみましょう。アプリなどを開いていた場合、「ホーム」を押した時に閉じることができます。

このようなボタンを表示するだけでホームボタンが壊れてしまった場合でも、アプリを閉じたりすることができるようになりました。

また、このボタンは移動させることができます。

ですので、アプリを使う時など邪魔にならない場所に配置するようにしてみてください。

※画面の中心などには設置することはできないので注意してください。

まとめ

AssistiveTouchはとても便利なのですが、知らない人も多いと思ったので紹介してみました。

今回の方法を使えば「ホームボタン」が壊れてしまった時でも、iPhoneを急いで修理する必要がなくなりました。

もしホームボタンを長持ちさせたいというような方は常にこのボタンを使うことを意識すると良いかもしれませんね。

ではまた。

0