【3Dプリンタ】ペンタブスタンドを作ってみた!Intuos Comicを省スペースで設置可能!【CR-10S】

今回は、3DプリンターCreality3D CR-10S」を使って、ペンタブスタンド(Intuos Comic M)を作ってみました。

 

2つのパーツに分かれているため、サイズに関わらず置けるようにしてみました。

デスクの上に直接置いたり、クランプを使ってデスクに固定できるようになっており、省スペースにできているのでチェックしてみてください。

はじめに

 

今回紹介する内容は、「3Dプリンターでペンタブ用のスタンドを作ってみた」というもの。

 

20190105154613

20190105164933

こんな感じで、ペンタブを立てかけて置くことができるようになりました。

このまま使うというよりは、使っていないときに省スペースで置いておくためのものです。

 

パーツは2つに分かれており、Intuos Comicのサイズに合わせて幅を調整できるようになっています。

 

20190105154415

また、背面には「ネジ」がついており、クランプのようにデスクに固定できるようにしてみました。

 

20190105154708

20190105154712

 

今回の造形で使用した3Dプリンターは「Creality3D CR-10S

いつも使っている3Dプリンターですね。

 

 

GearBestからも販売されています。

 

Refurbished Creality3D CR - 10S 3D Printer
GearBestでチェック

 

使用したフィラメント

 

今回の造形で使用したフィラメントは「Pxmalion PLAフィラメント ブルー

過去に紹介した「ヘッドホン置き」や「うさぎの造形」でも使用したフィラメントですね。

 

20181225172352

20181226133044

造形前後で色の変化が少なく、格安な割に扱いやすいPLAフィラメントなので比較的簡単に造形できました。

 

Pxmalion PLA 3Dプリンター用フィラメント素材 ブルー

 

 


Fusion360で作る

 

ペンタブスタンドのモデルは「Fusion360」というCADアプリケーションを使ってモデリングしました。

 

20190105154923

 

全体像はこんな感じ。

デスク固定用のネジやネジ穴があいています。

 

20190105154931

 

ネジはFusion360の「ねじ」という機能を使用。

クランプ部分は、私が使用しているデスクの厚みに合わせて「22.3mm」にしました。

 

20190105154938

 

20190105155415

 

Curaで造形する

 

CR-10Sで実際に造形するためには、スライサーというアプリケーションを使って「gcode」を作る必要があります。

今回は、Curaというスライサーを使って「ペンタブスタンド」を造形してみました。

 

20190105163024

 

造形にかかった時間は「約4時間14分

Curaの「選択した複数のモデル」機能を使って、ペンタブスタンド本体とネジを各2つずつ配置してあります。

 

20190105163054

 

今回の造形で設定した値は以下の通り。

 

設定項目
レイヤー高さ 0.2
ノズル温度 205℃
ビルドプレート温度 65℃
インフィル 15%(ネジは100%)
サポート なし
スピード 60mm/s
冷却
ビルドプレート密着性 スカート

 

基本的な設定はこんな感じで造形しました。

ネジのインフィルを15%で造形したところ、固定時に折れてしまったため100%にして造形しなおしました。

 

20190105163105

 

複数のモデルで別々の値を設定する場合は「各モデル設定」を使用してください。

 

20190105155207

 

今回使ったアイテムたち

アイテム リンク
3Dプリンタ本体 Creality3D CR-10S
ノギス デジタルノギス
フィラメント Pxmalion PLAフィラメント ブルー
WEBカメラ PAPALOOK PA452 Pro ウェブカメラ
設計 Fusion360
スライサー Cura

 

まとめ

 

今回は、3Dプリンターを使って「ペンタブレットスタンド」を作ってみました。

デスクに固定することでスペースを削減できますし、ペンタブを使うときにサッと取り出せるようになったので気に入っています。

 

 

参考にしてみてください。

ではまた。

過去にレビューしたアイテム