3Dプリンタ ネジ ボルト

今回は、3DプリンターCreality3D CR-10Sを使って「ネジ・ボルト」や「ナット」を作ってみました。

 

複数のパーツを固定することができますし、通常では手に入らないようなサイズのネジを作ることもできたのでチェックしてみてください。

ネジの作成には「Fusion360」というアプリケーションを使いました。

はじめに

 

今回紹介する内容は、3Dプリンターを使って作成した「ネジ・ボルト」を使って、複数のパーツを組み立ててみたという記事です。

実際に作成したパーツがこちら!

 

3Dプリンター ネジ パーツ

3Dプリンター ネジ 組み立て

 

組み立てるとこんな感じ!

 

3Dプリンターを使って作成したパーツを、3Dプリンターで作ったネジで組み立てることができました。

Fusion360というアプリケーションを使えば、簡単に作成できるので合わせてチェックしてみてください。

 

今回使用した3Dプリンターは「Creality3D CR-10S

過去にレビューも行なっているので、興味のある方はチェックしてみてください。

 

 

GearBestの方がちょっと安いので、メンテナンスを自分でできる方はこちらもどうぞ。

 

Refurbished Creality3D CR - 10S 3D Printer

 

Fusion360でネジを作る

 

今回のボルトは「Fusion360」を使って作成しました。

 

Fusion360 ネジ ボルト

Fusion360 ネジ サイズ

 

Point
ネジとボルトは「Fusion360」でモデリング!

 

サイズやネジの規格はこちらをチェックしてみてください。

ちなみに、私自身ネジの規格はよくわかっていません。

 

それでも「ボルト」と「ナット」の規格を同じものにすれば組み立て可能でした。

今回は、ボルトを3Dプリントしましたが、頭の部分を「プラスのネジ穴」で作成すればドライバーで固定するようなネジも作成できますね。

 

Fusion360 ネジ穴

 

ちなみに、ボルトとナットの穴の大きさを同じにすると、うまく組み合わせることができませんでした。

今回の場合、隙間を「約1mm」に設定することで、スムーズに組み立てることができました。

 

Fusion360 ネジ サイズ

 

それぞれのサイズはこんな感じ

 

そのほかのパーツはこんな感じです。

 

Fusion360 パーツサイズ

 

同様に「マイナスネジ」や「六角ネジ」のようなちょっと変わったネジも作れると思います。

 

Curaの設定

 

3Dプリンターでネジ・ボルトを造形する場合、Curaからの設定が重要でした。

実際に作ってみて、設定しておいた方が良いと感じた項目はこちら。

 

項目
レイヤー高さ0.06
インフィル100%
サポートなし

 

こんな感じで、より細かい造形を可能にするため「レイヤーの高さ」を小さく設定し、完成したネジの強度を高めるために「インフィル」を100%に設定しておきました。

また、ネジ部分にサポートをつけると剥がしにくかったので、今回はサポート無しを設定。

 

Cura 造形方法

 

ちなみに、今回の造形は「PLA フィラメント」を使いましたが、実際は柔軟で割れにくい「ABS」のような素材を使った方が良いかもしれません。

 

3Dプリンター ネジ ボルト

 

かかった金額

 

Curaは、フィラメントの値段を登録しておくことで、3Dプリント時にかかった「長さ」と「価格」を調べることができます。

 

Cura コスト仕様

 

おおよその価格になりますが、今回の「ネジ・ボルト」は「約4円」で作成できました。

サイズによって価格も変わってきますが、用途に合わせて「ネジの種類」を変えることもできるので、比較的コストを抑えられるかもしれませんね。

 

Fusion360 ネジ

 

今回使ったアイテムたち

商品名リンク
3Dプリンタ本体Creality3D CR-10S
フィラメント Pxmalion PLAフィラメント
設計Fusion360
スライサーCura

 

まとめ

 

今回紹介したように、3Dプリンターを使えば「ネジ・ボルト」や「ナット」を作ることができました。

3Dプリンターで作成したパーツを組み立てるときにも活用できるので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

ではまた。

過去にレビューしたアイテム