こんにちはクリアメモリです!

今回は、3DプリンターCreality3D CR-10Sで「TPUフィラメント」を使ってみました。

 

TPUは「フレキシブルフィラメント」と呼ばれる素材でできており、名前の通り「柔らかいフィラメント」となっています。

落としても割れたりせず、スマホケースなどを作るときに便利な素材なのでチェックしてみてください。

はじめに

 

今回紹介する内容は、3DプリンターでTPUフィラメントを使ってみたというもの。

 

20181218145511

 

これは、ぱっと見は普通の造形物ですが、力を入れると潰すことができちゃいます。

 

20181218145552

 

これがTPUフィラメント。

割れたり折れたりしないので、スマホケースなどにも使われるフィラメントですね。

 

使用した3Dプリンターは「Creality3D CR-10S

過去にレビューも行なっている3Dプリンターです。

 

Creality3D CR-10S 最新モデル フィラメントセンサー&デュアルZ軸搭載
Amazonでチェック

 

 

GearBestからも販売されているので、安く購入したい方はチェックしてみてください。

 

Refurbished Creality3D CR - 10S 3D Printer
GearBestでチェック

 

TPUフィラメントの特徴

 

先ほども紹介した通り「TPUフィラメント」は柔らかい素材。

 

20181218145738

 

柔らかさは造形前のフィラメントからも一目瞭然。

普通のフィラメントと比べてもフニャフニャしているのがわかると思います。

 

20181218145740

 

その分割れたり折れたりしにくい素材なので、スマホケースやコースターなどに活用できそうです。

造形物を潰した時の硬さは「ソフトビニール」っぽい。

 

強く押せば潰れるくらいの硬さになっています。

 

匂いは甘いようなちょっと変わった感じ。

個人的には、そこまで不快に感じなかったですが、PLAのように無臭ではないので注意してください。

 


使用したフィラメント

 

今回使用したフィラメントは「SUNLU TPUフィラメント ホワイト

 

SUNLU 3DプリンターフィラメントTPU、1.75mm TPUフィラメント、3Dフィラメント低臭気、寸法精度+/- 0.02mm、白TPU+
Amazonでチェック

 

20181218145815

 

初めてのフレキシブルフィラメントで勝手がよくわからなかったのですが、とりあえず「CR-10S」で造形することができました。

ノズル温度に関しては、箱の裏や付属していた説明書に書かれています。

 

20181218145917

 

個人的に扱いやすかった温度は「220℃

思ったより高めに設定しても良さそうに感じました。

 

3DプリンターによってはTPUのような特殊な素材に対応していないものもあるようなので注意してください。

 

造形方法に注意

 

TPUフィラメントは柔らかく変形しやすい素材なので、PLAと同じ造形方法ではうまくいきません。

 

20181218145949

 

こんな感じでフィラメントの押し出しに失敗することがあったので、造形速度や設定・場合によってはエクストルーダーの押し出しギアを調整する必要があるかも。

私自身、正二十面体をひとつ作るのにも結構苦労しました。

 

20181218153046

 

正二十面体のモデルは、以前「Fusion360」で作ったもの。

 

 

Curaでの詳しい設定方法については次回以降紹介する予定です。

 

まとめ

 

今回紹介したように、TPUフィラメント(フレキシブルフィラメント)は柔らかく「スマホケース」などを作る際に便利な素材だと感じました。

落としても壊れることがないため、タブレットスタンドなんかでも活用できそうですね。

 

 

参考にしてみてください。

ではまた。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう