こんにちはクリアメモリです!

今回は、GearBestから新登場した「UMIDIGI F1 Play」というスマホについて紹介します。

 

6GBメモリやHelio P60だけでなく、背面には「48.0MP+8.0MPのデュアルカメラ」を搭載した高コスパなモデルとなっていました。

見た目は、以前紹介した「UMIDIGI F1」に似ているのでチェックしてみてください。

はじめに

 

今回紹介するアイテムは「UMIDIGI F1 Play

 

UMIDIGI F1 Playの紹介画像

 

パット見やカラーは、以前紹介した「UMIDIGI F1」と似ています。

UMIDIGI F1と比べると、いくつかの性能がアップしており、6GBメモリや48.0MP+8.0MPのデュアルカメラを搭載しました。

 

 

それでいて、価格はほとんど同じで販売されています。

 

 

商品ページの動画では3色用意されていましたが、執筆時現在、GearBestで取り扱っているUMIDIGI F1 Playのカラーは「Black」と「Red」のみでした。

 

UMIDIGI F1 Playのカラー

 

また、現在GearBestでは「UMIDIGI F1 Playの発売記念セール」も開催しているので合わせてチェックしてみてください。

UMIDIGI F1 Play セール会場はこちら

 

UMIDIGI F1 Playのスペック・仕様

 

それでは、UMIDIGI F1 Playの細かいスペックや仕様を見ていきましょう。

一緒にUMIDIGI F1との比較も載せておくので参考にしてみてください。

 

スペック UMIDIGI F1 UMIDIGI F1 Play
OS Android 9.0 Android 9.0
CPU Helio P60 2.0GHz オクタコア Helio P60 2.0GHz オクタコア
メモリ 4GB 6GB
ストレージ 128GB 64GB
画面サイズ 6.3インチ 6.3インチ
解像度 2340x1080 2340x1080
カメラ(後) 16.0MP+8.0MP 48.0MP+8.0MP
カメラ(前) 16.0MP 16.0MP
バッテリー容量 5150mAh 5150mAh
重量 0.1870kg 0.1870kg
Google PlayStore
NFC
指紋認証
顔認証

 

UMIDIGI F1 Playのネットワーク
2G GSM 1800MHz,GSM 1900MHz,GSM 850MHz,GSM 900MHz
3G WCDMA B1 2100MHz,WCDMA B19 850MHz,WCDMA B2 1900MHz,WCDMA B4 1700MHz,WCDMA B5 850MHz,WCDMA B6 850MHz,WCDMA B8 900MHz
Network type FDD-LTE,GSM,TDD-LTE,WCDMA
WIFI 2.4G/5G WiFi,802.11a/b/g/n/ac wireless internet
Wireless Connectivity 2.4GHz/5GHz WiFi,3G,4G,Bluetooth,WiFi
4G LTE B28A/B28B,FDD B1 2100MHz,FDD B12 700MHz,FDD B13,FDD B17 700MHz,FDD B18,FDD B19 800MHz,FDD B2 1900MHz,FDD B20 800MHz,FDD B25,FDD B26,FDD B3 1800MHz,FDD B4 1700MHz,FDD B5 850MHz,FDD B7 2600MHz,FDD B8 900MHz,TDD B34 2100MHz,TDD B38 2600MHz,TDD B39 1900MHz,TDD B40 2300MHz,TDD B41 2500MHz

 

UMIDIGI F1 Playのスペック

 

こんな感じで、OSやCPU・バッテリー容量などの性能に差はありませんでした。

逆に変わったのは「メモリ」や「カメラ性能」「ストレージ」

 

ストレージは64GBとむしろ減っています。

TFカードによる拡張は、UMIDIGI F1と変わらず「最大256GBまで」なので、容量不足が気になる方は参考にしてみてください。

 

ちなみに、NFCは変わらず対応していました。

 

NFCを搭載しているUMIDIGI F1 Play

 

画面サイズ

 

UMIDIGI F1 Playの画面サイズは「6.3インチ

 

UMIDIGI F1 Playの画面サイズ

 

UMIDIGI F1と同じ画面サイズですね。

また、画面が「凹」のような形になっている「ノッチディスプレイ」も同じ、フロントカメラ部分のみのデザインとなっていました。

 

AndroidOSのUMIDIGI F1 Play

 

UMIDIGI F1同様全体的にベゼルが狭く、6.3インチという大きな画面サイズでありながら、比較的持ちやすくなっていると思います。

 

背面指紋認証パネル・顔認証に対応

 

背面には「指紋認証パネル」を搭載。

人差し指でタッチするタイプの指紋認証パネルですね。

 

指紋認証パネルを搭載したUMIDIGI F1 Play

 

指紋認証だけでなく「顔認証」にも対応しているので、顔を登録するだけでよりスムーズなロック解除が可能になると思います。

 

顔認証に対応したUMIDIGI F1 Play

 

CPU・メモリ・ストレージ

 

UMIDIGI F1 Playの構成は以下の通り。

  1. CPU - Helio P60 2.0GHz オクタコア
  2. メモリ - 6GB
  3. ストレージ - 64GB

 

CPUは変化なし。

UMIDIGI F1からの変更点は、メモリが6GBにアップしストレージが64GBにダウンしました。

 

UMIDIGI F1 PlayのCPU

UMIDIGI F1 Playのメモリとストレージ

 

今後128GBモデルが登場してくるかは不明ですが、UMIDIGI F1同様、TFカード(MicroSDカード)によって「最大256GBまで」拡張できるので、容量が気になる方は用意してみてください。

 

UMIDIGI F1 Playの仕様

 

カメラ性能がアップ

 

UMIDIGI F1 Playは、背面に「48.0MP+8.0MPのデュアルカメラ」と「16.0MPのフロントカメラ」を搭載しました。

 

UMIDIGI F1 Playのカメラ性能

 

前モデルのUMIDIGI F1と比べると「16.0MP+8.0MP → 48.0MP+8.0MP」なので、大きく性能アップした感じですね。

 

カメラを使用した時のUMIDIGI F1 Play

UMIDIGI F1 Playのカメラ仕様

 

フロントカメラは変化なしでした。

 

UMIDIGI F1 Playのフロントカメラ

 


バッテリー容量は5150mAh

 

UMIDIGI F1 Playのバッテリー容量は「5150mAh

これは前モデルのUMIDIGI F1と同じなのですが、やはりスマホにしては大きなバッテリーを搭載しています。

 

UMIDIGI F1 Playのバッテリー容量

 

加えて、急速充電にも対応しているようなので参考にしてみてください。

 

急速充電に対応したUMIDIGI F1 Play

 

セール開催中(2019/4/9現在)

 

執筆時現在、GearBestでは「UMIDIGI F1 Playのセール」を開催しています。

 

GearBestのUMIDIGI F1 Playのセール情報

 

  1. セール期間は「2019/4/8 ~ 2019/4/14

 

期間中は「199.99ドル」で購入可能。

約50ドルお買い得になっていました。

 

Gearbest UMIDIGI F1 Play Android 9.0 4G Phablet - Black EU Version
UMIDIGI F1 Play Android 9.0 4G Phablet - Black EU Version
GearBestでチェック

 

さらに、期間中は毎日先着5台限定で、UMIDIGI F1 Playが「99.99ドル」になるクーポンセールも同時開催しているので、興味のある方はチャレンジしてみてください。

 

クーポンコードは「GBMPUMIF1

 

UMIDIGI F1 Play セール会場はこちら

 

まとめ

 

今回紹介したように、GearBestから「UMIDIGI F1 Play」という新作の高コスパスマホが登場しました。

前モデル同様、6.3インチの画面サイズや5150mAhのバッテリー容量を搭載しながら、メモリやカメラ性能がアップしたモデルとなっているので、是非チェックしてみてください。

 

 

ではまた。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう