こんにちはクリアメモリです!

今回は、GearBestから新登場した「UMIDIGI POWER」について紹介します。

 

ディスプレイは「画面占有率90%越え」の6.3インチ

背面には「デュアルカメラ」を搭載しました。

執筆時の価格で、139.99ドルというコスパの高いスマートフォンだったのでチェックしてみてください。

はじめに

 

今回紹介する「UMIDIGI POWER」がこちら!

 

UMIDIGI POWERの筐体

 

Gearbest UMIDIGI POWER 4G Phablet - Gray EU Version
UMIDIGI POWER 4G Phablet - Gray EU Version

 

UMIDIGIシリーズというと、過去に紹介した「UMIDIGI Z2」や「UMIDIGI F1」などの高コスパスマホが印象的ですよね。

 

 

UMIDIGI POWERもコスパが高めなんです。

執筆時はセールも開催しており「139.99ドル」で販売されていました。

UMIDIGI POWERのセール会場はこちら

 

商品ページやセール会場を見るとわかるのですが、UMIDIGI POWERは

 

  • 6.3インチディスプレイ
  • 16.0MP+5.0MPのデュアルカメラ
  • 4GBメモリ・64GBストレージ

 

などを搭載しています。

 

執筆時現在、GearBestで取り扱っているカラーは「Gold」と「Gray」の2種。

 

UMIDIGI POWERのカラー

 

どちらも大人っぽいイメージのスマホですね。

背面には、カメラのほかに「UMIDIGIのロゴ」や「指紋認証パネル」などがデザインされています。

 

UMIDIGI POWERの背面

 

では、UMIDIGI POWERの細かいスペックを見ていきましょう。

 

UMIDIGI POWERのスペック・仕様

 

UMIDIGI POWERのスペックはこんな感じ!

 

UMIDIGI POWER スペック
OS Android 9.0
CPU Helio P35 2.3GHz オクタコア
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
画面サイズ 6.3インチ
解像度 2340x1080 FHD
カメラ(後) 16.0MP+5.0MP
カメラ(前) 16.0MP
指紋認証
Google PlayStore
NFC
バッテリー容量 5150mAh
重量 0.1900kg
ネットワーク
2G GSM 1800MHz,GSM 1900MHz,GSM 850MHz,GSM 900MHz 
3G UMTS (WCDMA) / HSPA+ / DC-HSDPA: band1/2/4/5/6/8/19
Network type FDD-LTE,GSM,TDD-LTE,WCDMA
WIFI 802.11a/b/g/n/ac wireless internet
Wireless Connectivity 3G,4G,A-GPS,Bluetooth,GPS,GSM,WiFi
4G LTE B28A/B28B,FDD B1 2100MHz,FDD B12 700MHz,FDD B13,FDD B17 700MHz,FDD B18,FDD B19 800MHz,FDD B2 1900MHz,FDD B20 800MHz,FDD B26,FDD B3 1800MHz,FDD B4 1700MHz,FDD B5 850MHz,FDD B7 2600MHz,FDD B8 900MHz,TDD B38 2600MHz,TDD B40 2300MHz,TDD B41 2500MHz

 

 

全体的に見ると「コスパ重視系のスマホ」といった感じ。

カメラやバッテリーの性能は高く、200ドル以下のスマホとは思えないスペックとなっていました。

 

また、UMIDIGI POWERは「NFC」にも対応しているので、海外で使うときも安心ですね。

 

UMIDIGI POWER NFC対応

UMIDIGI POEWRのネットワーク

 

UMIDIGI POWERはAndroidOS

 

UMIDIGI POWERのOSは「Android

バージョンは「Android 9 Pie」を搭載しています。

 

UMIDIGI POWERのOS

 

基本的な操作は簡単なので、スマホを乗り換える時も安心ですね。

ホームボタンや戻るボタンは、画面内で操作する「オンスクリーンタイプ」でした。

 

UMIDIGI POWERの画面サイズ

 

UMIDIGI POWERのディスプレイは「6.3インチ」を搭載。

最近の中華スマホは、これくらいが平均的な画面サイズになってきたように感じますね。

 

UMIDIGI POWERの画面サイズ

 

以前紹介した「UMIDIGI F1」や「UMIDIGI F1 Play」も6.3インチでした。

さらに「4辺ベゼルレスデザイン」を採用したことで、大きなスマホなのに比較的持ちやすさを維持できていると思います。

 

フロントカメラ部分はノッチディスプレイを採用。

 

【凹】みたいな形のやつだね!

 

解像度は「2340 x 1080

スマホのサイズに対して画面の大きさを表す「画面占有率(Screen Ratio)」は驚異の92.7%でした。

 

Point
表面のほぼ全体がディスプレイ!

 

CPU・メモリ・ストレージ

 

UMIDIGI POWERは以下のCPU/メモリ/ストレージを搭載しています。

 

  • Helio P35 2.3GHz オクタコア
  • 4GBメモリ
  • 64GBストレージ

 

CPUやメモリの性能面は、よくある高コスパスマホって感じ。

重いゲームなんかは厳しそうですが、WEB閲覧や動画視聴程度ならバッチリ使えると思います。

 

UMIDIGI POWER CPU・メモリ・ストレージ

 

本体容量が「64GB」じゃ足りないよ!

 

という方は、TFカード(MicroSDカード)を使うことで、「最大256GB」まで拡張できるので安心ですね。

 

 

デュアルカメラ搭載

 

UMIDIGI POWERは、前後あわせて3つのカメラを搭載。

 

Point
背面に「16.0MP + 8.0MP」のデュアルカメラ
「16.0MP」のフロントカメラ

 

前後ともになかなかのカメラですね。

画面サイズが大きく持ち運びも楽々なので、スマホでの撮影が楽しくなってくると思います。

 

UMIDIGI POWERのカメラ

UMIDIGI POWERのフロントカメラ

 

また、基本的な操作はAndroidなので、カメラほど難しくないのもポイントです。

 

UMIDIGI POWERは電池持ちも十分

 

UMIDIGI POWERが搭載しているバッテリー容量は「5150mAh

スマートフォンの中では、比較的大きなバッテリーとなっています。

 

UMIDIGI POWERのバッテリー容量

 

カメラやWEB閲覧など、スマホは外出時にも使うものなので、とにかく電池持ちが良いのはありがたいですね。

商品ページには、連続使用の目安も載っていました。

 

スタンバイ状態 通話時 ビデを再生時 ゲーム時
約471時間 約30時間 約16時間 約9時間

 

これなら、モバイルバッテリーもいらないかも

 

 

スマホの使い方や、環境などによって多少変わってくる可能性はあります。

あくまで目安なので注意。

 


UMIDIGI POWERの専用カバーが付属するみたい

 

UMIDIGI POWERの製品ページを見ると、付属品は以下のようになっています。

 

  1. Back Case : 1
  2. Cell Phone: 1
  3. Charger: 1
  4. SIM Needle: 1
  5. USB Cable: 1

 

1番に「BackCase」と書かれていますよね。

付属品の画像にも「UMIDIGI POWERの専用カバー」が載っていました。

 

UMIDIGI POWERの付属品

 

スマホは「カバーの代用」が効きにくいので、専用で付いてくるのはありがたいですね。

 

セールで139.99ドル(2019/05/23 現在

 

執筆時現在、GearBestでは「UMIDIGI POWERのセール」を開催しています。

UMIDIGI POWERのセール会場はこちら

 

発売記念ということもあり、価格は「約40ドル」お買い得になっていました。

もともと安いスマホをより格安で購入するチャンスなので、興味のある方はチェックしてみてください。

 

Gearbest UMIDIGI POWER 4G Phablet - Gray EU Version
UMIDIGI POWER 4G Phablet - Gray EU Version

 

まとめ

 

今回紹介した「UMIDIGI POWER」は16MPのカメラや、占有率90%越えの6.3インチディスプレイを搭載した高コスパなスマートフォンとなっていました。

ベゼルレスデザインでサイズ感もいい感じなので、参考にしてみてください。

 

 

ではまた。

関連記事
おすすめの記事