OUKITEL K9 実機レビュー

今回は「OUKITEL K9」というスマートフォンを実機レビューします。

 

画面サイズは7.12インチ

他のスマホと比較すると、かなり大きなディスプレイを搭載しています。

 

画面が大きい分、片手操作とかはほぼ無理ですが、動画視聴やWEB閲覧を大きなスマホで楽しめるアイテムとなっているのでチェックしてみてください。

はじめに

 

今回レビューする「OUKITEL K9」はこんな感じ。

本製品は、GearBest様より提供いただいて執筆しております。

 

OUKITEL K9

 

パット見だとわかりづらいかもしれませんが、他のスマートフォンと比較するとこうなります。

 

OUKTIEL K9 サイズOUKTIEL K9 サイズ

 

左がOUKITEL K9だね

 

いかがでしょう。

比較対象のスマホは「UMIDIGI Z2」なのですが、こちらも6.2インチとスマホの中では大きな部類だと思います。

 

 

OUKITEL K9をしばらく使っていると、

6インチのスマホって持ちやすいんだなー

と錯覚するレベルで大きなスマートフォンです。

 

 

 

かなり人を選ぶアイテムになっていますが、7.12インチスマホの良さもあったのでチェックしてみてください。

 

OUKITEL K9のざっくりレビュー

 

細かい仕様や配達状態を見る前に、簡単なレビューを紹介します。

基本的にここに書かれた内容について触れていくので、参考にしてみてください。

 

価格
大きさ
画面サイズ
使いやすさ

 

OUKITEL K9の良いところ

 

  • 画面サイズが大きい
  • デザインはシンプル
  • デュアルカメラ搭載
  • 指紋認証パネル搭載
  • 顔認証対応
  • 本体カバーなど付属品が多い
  • 充電はUSB Type-C

 

OUKITEL K9の悪いところ

 

  • 画面サイズが大きい
  • ポケットに入れて持ち運ぶのは厳しい
  • 指紋認証パネルの位置が高い
  • 音量調節(電源)ボタンが高い
  • イヤホンジャックは無い
  • 重い

 

画面サイズに関しては、良くも悪くもって感じですね。

スマホ全体のサイズが大きい分、指紋認証パネル電源ボタンにタッチしづらい点が気になりました。

 

OUKITEL K9

 

本体の重量も重いので、ポケットに入れて持ち運ぶのは厳しいかも。

服のタイプによっては、そもそもポケットに入らない可能性もあるので注意してください。

 

個人的には、小さいタブレットくらいの感じで考えています。

 

OUKITEL K9 タブレットとの比較

 

タブレットと比べても大きいのがわかるね

 


OUKITEL K9の筐体

 

OUKITEL K9の筐体はこちら。

 

OUKITEL K9 筐体

OUKITEL K9 背面

 

背面はシンプルな「ブラック

ツルツルした光沢のある筐体となっています。

 

背面には指紋認証パネルを搭載。

先ほども紹介した通り、スマホサイズが大きいうえに指紋認証パネルの位置が高いため、個人的にはタッチしづらいと感じました。

 

OUKITEL K9 指紋認証パネル

 

ベゼルレスデザイン

 

画面は、ディスプレイの縁が狭い「ベゼルレスデザイン」を採用。

フロントカメラ部分は、「凹」のような形のノッチディスプレイを採用しています。

 

OUKITEL K9 ノッチディスプレイ

 

あとでまた紹介していますが、ゲームやアプリによっては「画面の縁が見切れる」場合があるので注意してください。

 

イヤホンジャックは非搭載

 

OUKITEL K9は「イヤホンジャック」がありません。

 

OUKITEL K9 端子

 

有線のイヤホン(ヘッドホン)を使う場合は、USB Type-Cを変換して使うことになります。

Bluetoothは「V4.0」なので、ワイヤレスのイヤホンを使うのもありですね。

 

ちなみに、充電は「USB Type-C」を使用します。

 

OUKITEL K9の配送状態

 

OUKITEL K9はこんな感じの配送状態でした。

 

OUKITEL K9 配送状態OUKITEL K9 箱

 

箱は「緩衝材」に入って送られてきたので、本体はもちろん、箱にも目立った傷はありませんでした。

比較的大きな箱の中には、以下のようなアイテムが入っています。

 

OUKITEL K9の付属品

 

OUKITEL K9の付属品はこちら。

 

OUKITEL K9 付属品

 

  1. OUKITEL K9本体
  2. OUKITEL K9専用ケース
  3. 液晶保護シート
  4. 充電アダプタ(EUプラグ)
  5. 充電ケーブル(USB Type-C)
  6. Type-C <-> USB 2.0 変換ケーブル
  7. Type-C <-> オーディオ変換ケーブル
  8. SIMニードル
  9. 取扱説明書

 

OUKITEL K9の充電は「USB Type-C」を使います。

イヤホンジャックがないため、変換ケーブルが付属しているのはありがたいですね。

 

Point
充電アダプタは海外用のコネクタなので注意!

 

OUKITEL K9 充電アダプタ

 

ディスプレイ部分には、配送状態ですでに「液晶保護シート」が貼られていました。

購入した方は、よくある2番のシートをはがすだけでOKです。

 

OUKITEL K9 液晶保護フィルム

 

すぐに剥がすやつですが、背面にも保護フィルムが張られています。

 

OUKITEL K9 背面フィルム

 

また、OUKITEL K9は特殊なサイズのスマホなので、専用ケースが付属しているのもポイント高いですね。

専用ケースは透明のシンプルなデザインでした。

 

OUKITEL K9 専用ケース

 

カメラや指紋認証パネル部分は切り抜かれているので、干渉は特にありません。

ただ、専用ケースに厚みがあるためか、本体の電源ボタンはちょっと浅く感じました。

 

OUKITEL K9 ボタン

 

Point

専用ケースはカメラや指紋認証との干渉無し!

ただ、電源ボタンの押した感が減った

 

 

SIMカードを入れるときは、付属の「SIMニードル」を使用します。

 

OUKITEL K9 SIM

 

こんな感じでSIMスロットが出てくるので無くさないようにしましょう。

 

OUKITEL K9のOSはAndroid

 

OUKITEL K9は「Androidスマホ」です。

バージョンは「Android 9.0

 

OUKITEL K9 OS

 

日本語化は起動時に選択するだけ。

超簡単でした。

 

OUKITEL K9 日本語化

 

操作は普通のAndroidスマホなので、これまでと同じ感覚で操作できるのが良いですね。

Google PlayStoreは、初期状態でインストール済みでした。

 

OUKITEL K9 PlayStore

 

Point
Google PlayStoreに対応!

 


動画視聴やWEB閲覧は超快適

 

OUKITEL K9の一番の特徴は、やはり「画面サイズ」ですよね。

大きくて片手操作はほぼ無理なのと持ち運びが大変なのを除けば、超快適なデバイスだと思います。

 

OUKITEL K9 動画

 

特に、これまでスマホで動画や読書を行っていた方は、より大きなディスプレイで楽しめるはず。

タブレットよりは小さいので、スマホとタブレットの2台持ちはしたくないけど、画面サイズは大きい方が良いという方にオススメのデバイスとなっています。

 

OUKITEL K9 タブレットとの比較

 

ただ、ずっと持っていると重さがしんどくなって来ました。

動画視聴時は「タブレットスタンド」のようなものがあると、より楽な体勢で楽しめると思います。

 

OUKITEL K9 タブレットスタンド

 

OUKITEL K9の重量

 

OUKITEL K9の本体は「とにかく重い」です。

持って操作するのが大変なほどなので、実際に重量を調べてみました。

 

結果はこちら。

 

OUKITEL K9 重量

 

OUKITEL K9の本体重量は「258g」という結果になりました。

 

Point

OUKITEL K9の本体重量は「約258g(専用ケース込み)」

かなり重い!

 

 

6インチスマホの「UMIDIGI Z2」が「約165g」なので、比較するとかなり重いですよね。

 

UMIDIGI Z2 重量

 

過去に実機レビューした「超大容量バッテリー搭載スマホ(306g)」と同じくらいと考えると、長時間の操作や持ち運びは大変だと思います。

実際に使った感覚としては、6インチスマホが軽いと錯覚するくらいの差がありました。

 

 

背面にデュアルカメラを搭載

 

OUKITEL K9は、背面に「16.0MP+2.0MPのデュアルカメラ」を搭載しています。

実際に撮影してみた写真はこちら。

 

OUKITEL K9 写真

 

ブログの都合上、自動で画像のリサイズが入るため、実際の写真よりは劣っていると思います。

実際に撮影してみた感じとしては「悪くはない」という程度。

 

カメラ性能にこだわる方には微妙かもしれません。

ただ、Androidの仕様なのか、面白いカメラ機能がありました。

 

OUKITEL K9 カメラ

 

  • 大きな目
  • フェイスリフティング
  • ぼかし
  • ISO値やホワイトバランスの調整

 

これらを撮影段階で調整できるので、こだわりの写真が撮影できると思います。

ただ、大きな目やフェイスリフティングなどの機能は、実感できるほどの変化は感じられませんでした。

 

デュアルカメラによる「ぼかし」は、背景だけをぼかすというような写真が撮影できるので面白いですね。

 

OUKITEL K9 ぼかし

 

こんな感じの「透かし」も入れられました。

 

OUKITEL K9 透かし

 

Point

OUKITEL K9のカメラは「16.0MP+2.0MPのデュアルカメラ」

「ぼかし」や明るさが調整できる!

 

 

ちなみに、私はほぼ使いませんが「8.0MPのフロントカメラ」も搭載しています。

 

OUKITEL K9 フロントカメラ

 


指紋認証・顔認証対応

 

OUKITEL K9は、背面に「指紋認証パネル」を搭載。

人差し指などでタッチすることで、スマホのロック解除がスムーズに可能です。

 

OUKITEL K9 指紋認証パネル

 

精度は悪くないんですが、先ほども紹介した通り「指紋認証パネルの位置」が高すぎると感じました。

 

OUKITEL K9 指紋認証パネル

OUKITEL K9 指紋認証

 

加えて、OUKITEL K9は「顔認証」にも対応しています。

設定から、自分の顔を登録しておくことで、パスワードや指紋認証を使わずにロック解除できるようになります。

 

OUKITEL K9 顔認証

 

Point

OUKITEL K9は「指紋認証」と「顔認証」に対応!

ただし、指紋認証パネルは上過ぎて両手操作必須かも

 

 

OUKITEL K9はゲームで使える?

 

せっかく画面サイズが大きいので、ゲームでも使えるか試してみました。

OUKITEL K9の仕様上のスペックはこちら。

 

OUKITEL K9 スペック

 

  • CPU Helio P35 オクタコア
  • メモリ 4GB
  • ストレージ 64GB

 

ハイスペックという感じではないため、PUBG Mobileのようなゲームは無理そう。

実際に、いくつかのゲームをインストールして試してみました。

 

結果はこちら。

モンスターストライク
PUBG Mobile
ラグナロク マスターズ
黒い砂漠 Mobile

 

予想していたよりはスムーズに動作しました。

 

ただ、やはりガッツリ3Dの重たいゲームは厳しいという感じ。

モンスターストライクのような軽いゲームなら、比較的快適に操作できています。

 

OUKITEL K9 モンスト

 

PUBG Mobileは「グラフィックを最低」にした状態なら、なんとか操作できるといった程度。

初期設定では「スムーズの中」となっています。

 

OUKITEL K9 PUBG Mobile

 

同じように、ラグナロクマスターズというゲームもやってみたのですが、画面の縁が丸まっていることで、部分的に見切れてしまうことがあるので注意。

 

OUKITEL K9 見切れる

 

実際にゲストログインで遊んでみましたが、どちらかというと「スペックより重さがしんどい」と感じました。

 

 

まとめ

 

今回実機レビューした通り、OUKITEL K9の最大の特徴は「画面サイズ」です。

正直、大きなスマホが苦手な方には不向き。

 

OUKITEL K9 WEB

 

逆に、外出先であまりスマホを使わない方や、動画視聴や読書でスマホを使う方にとっては、新感覚のディスプレイサイズを体験できると思います。

ぜひチェックしてみてください。

 

 

ではまた。

過去にレビューしたアイテム