Mac スクリーンショット 保存先

今回は、Macのデフォルト機能で撮影した「スクリーンショット」の保存先を任意のフォルダに変更する方法を紹介します。

 

初期状態だと、スクリーンショットの保存先は「デスクトップ」です。

Macの標準ソフト「ターミナル」からコードをコピペで実行するだけで、簡単に保存先フォルダを変更することができました。

 

記事の後半では、スクリーンショットの保存先をデフォルトに戻す方法も紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

はじめに

 

今回紹介する内容は「Macでスクリーンショットの保存先を変更する方法」です。

デフォルトだと、スクリーンショットは「デスクトップ」に保存されていました。

 

私のように頻繁にスクリーンショットを撮影するような方ならわかると思いますが、いつのまにか「デスクトップがスクショで埋まる」みたいなことになるんですよね。

 

Mac スクリーンショット

 

単純に邪魔だし見栄えも悪いので、スクリーンショットの保存先を変更することにしました。

 

使用するソフトは「ターミナル

Macに標準でインストールされているアプリなので、ダウンロードなど面倒な作業は不要です。

 

Mac ターミナル

 

また、後で保存先を戻すこともできるので、気楽に試してみてください。

コードは、基本的にコピペでOKです。

 

スクリーンショットの保存先を決める

 

スクリーンショットの保存先を変更するには、まず「保存先を作成」しておく必要があります。

今回は、ダウンロードの中に「Screenshot」というフォルダを作成してみました。

 

Mac スクリーンショット フォルダ

 

Macでフォルダを作成するには「右クリック > 新規フォルダ」を選択して、フォルダ名を指定するだけ。

こんな感じで、フォルダを作成しておくだけでOKです。

 


ターミナルからスクリーンショットの保存先を変更しよう

 

先ほども紹介した通り、スクリーンショットの保存先を変更するには「ターミナル」というアプリケーションを使用します。

launchpad > その他」あたりから探してみてください。

 

Launchpad ターミナル

 

こんなアイコンのやつですね。

もちろん、iTermのようなターミナル以外の実行環境を持っている方は、それで代用してもOK。

 

Mac ターミナル

 

ターミナルが起動したら、以下のコードをコピペしましょう。

 

defaults write com.apple.screencapture location ~/Downloads/Screenshot/

 

 

 

上のコードは「ホームディレクトリ(~) > Downloads > Screenshot」を指定しています。

これ以外の保存先を指定する場合は「フォルダの相対パス」に書き換えてください。

 

 

このようにすると、スクリーンショットの保存先を更新できました。

 

Mac スクリーンショット 保存先

 

特に何も表示されませんが、エラーじゃなければOK。

最後に「SystemUIServer」を実行して完了です。

 

ターミナルからSystemUIServerを再起動する

 

ここまでで、スクリーンショットの保存先は変更できました。

設定を反映させるには、先ほどと同じようにターミナルから以下のコマンドを実行しましょう。

 

killall SystemUIServer

 

こちらもコピペするだけでOKです。

ターミナル上には何も表示されませんが、うまくいっていれば「スクリーンショットの保存先」が更新されていると思います。

 

ターミナル killall

Mac スクリーンショット 保存先

 

他の保存先に変更する

 

もし、後でまた別の保存先に変更したくなった場合は、もう一度「defaults write com.apple.screencapture location ~/保存先のパス/」を実行すればOK。

 

defaults write com.apple.screencapture location ~/Downloads/

 

このように実行した場合は「Downloadsフォルダ」が新たな保存先に設定されます。

保存先を変えた場合は、再度「killall」を実行してください。

 

killall SystemUIServer

 

スクリーンショットの保存先をデフォルトに戻す

 

スクリーンショットの保存先を一時的に変更し、後から元の保存先(デスクトップ)に戻したい場合は、以下のコードをターミナルから実行しましょう。

 

defaults delete com.apple.screencapture location

 

こんな感じで、delete を実行すればデフォルトの保存先(デスクトップ)が指定できます。

ここでも「killall」を実行するのを忘れないでください。

 

killall SystemUIServer

 

Mac スクリーンショット

 

まとめ

 

今回紹介したように、Macのターミナルで「defaults delete com.apple.screencapture location」というコードを実行することでスクリーンショットの保存先を変更することができました。

フォルダのパスを指定すれば、任意のフォルダに保存できるのでスクリーンショットの管理がしやすく、デスクトップの邪魔にならないのでぜひ試してみてください。

 

 

ではまた。

 

過去にレビューしたアイテム