こんにちはクリアメモリです!

先日紹介した「リストレスト付きマウスパッド」と、ロジクールの「トラックボールM570t」の相性が最高だったので紹介します。

 

どちらのアイテムもオススメなので、チェックしてみてください。

はじめに

 

今回紹介するのは、サンワサプライのリストレスト付きマウスパッドと、ロジクールのトラックボールM570tを組み合わせて使用したら、疲れにくく最高だったというお話です。

どちらも、過去にレビュー記事を公開しているので確認してください。

 

 

 

トラックボールとマウスパッド

 

そもそも、トラックボールのマウスに「マウスパッド」って必要ないんじゃないか。

私も実際に使ってみるまで、そう思っていました。

 

マウスパッドが良かったというよりは、リストレスト付きのマウスパッドが良かったという感じです。

 

というのも、トラックボールを使う時ってマウスは移動させませんよね。

つまり、ずっと置いて使用するってこと。

 

20171215014159

 

手首をサポートしてくれる「リストレスト」がついていることで、よりリラックスした態勢で操作できるんです。

 

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t
Amazonでチェック

 

角度が付く

 

トラックボールの記事でも紹介したのですが、ロジクールのM570tは少し大きいんですよね。

今までは、トラックボールに手を置くと、手首が上を向いていました。

 

そんな時に、リストレスト付きマウスパッドがあれば、だいたい平行ぐらいになります。

 

20171218105242

 

試しに、トラックボールを操作した状態で、手首の下にタオルでも挟んでみてください。

より手首に負担の少ない態勢になりますよね。

この機能とマウスパッドが一緒になっているってことです。

 


操作の邪魔にならない

 

リストレストに手首を置いていると、トラックボールが操作しにくいんじゃないか、と思うかもしれません。

ですが、実際に使ってみるとそんなことはなく、親指への干渉はありませんでした。

 

サンワサプライ 低反発リストレスト付きマウスパッド ブラック MPD-MU1NBK
Amazonでチェック

 

クリックしやすくなる

 

20171215003707

 

これに関しては個人差があると思いますが、トラックボールマウスは通常のマウスより大きいため、若干クリックしにくいんです。

これは、指が届きにくいためなのですが、リストレストで角度がついたことで、自然とクリックしやすい位置に指が届くようになりました。

 

トラックボールが大きすぎて敬遠していた方は、角度を付けて持ってみてください。

リストレストを使った時の操作しやすさがわかるはずです。

 

まとめ

 

今回紹介したように、リストレスト付きマウスパッドとロジクールトラックボールM570tの相性は最高でした。

サンワサプライ以外のリストレスト付きマウスパッドでも良いと思いますが、私はこれを使っているので、かなりオススメです。

 

 

参考にしてみてください。

ではまた。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう