【Teclast T20 実機レビュー】動画視聴や読書に便利な10インチタブレット!ゲームでも使ってみた

今回は、GearBestから新登場したタブレット「Teclast T20」の実機レビューをします。

 

4GBメモリや「Helio X27 デカコア」のCPUを搭載した10インチのタブレットです。

「2560x1600」解像度なので、読書用のデバイスとしても便利でした。

 

実際に使ってみた結果、良い点や扱いづらい点について紹介していくのでチェックしてみてください。

はじめに

 

今回実機レビューを行う「Teclast T20」がこちら!

本製品は、GearBest様より提供いただきました。ありがとうございます。

 

20181015113440

 

ぱっと見からもわかる通りホワイト系のタブレット。

背面は「シルバーのボディ」で、真ん中にはTeclastのロゴが入っています。

 

20181015153940

 

Teclast T20のざっくりレビュー

 

良かったところ

 

  1. 10インチの大画面ディスプレイ
  2. デアコアのHelio X27
  3. 4GBメモリ搭載
  4. 作りがしっかりしている
  5. Type-C、OTG対応
  6. イヤホン端子あり
  7. 左右にスピーカー
  8. 指紋認証パネル搭載
  9. 13.0MPの背面カメラ
  10. SIM対応
  11. 読書やWEB閲覧におすすめ

 

悪かったところ

 

  1. 重いゲームは無理
  2. 指紋認証パネルの位置が微妙
  3. 指紋認証パネルの誤作動が多い

 

見た目
サイズ感・重量
使いやすさ
価格
スペック

 

  • グリーンハウス モニターアーム GH-AMC03
    Amazon
  • Logicool ロジクール ゲーミング マウス G502RGBh
    Amazon
  • Unique Spirit タブレットアーム タブレットスタンド
    Amazon

配送状態

 

Teclast T20の配送状態はこんな感じ。

 

20181015113516

 

箱はノートPCみたいな感じでパカっと開けるタイプ。

予想以上にしっかりした箱に入って送られてきたので正直驚きました。

 

20181015113519

 

ところどころ凹みがありましたが、これについてはサンプルだからなのかもしれません。

もちろんタブレット本体に傷は無しでしたが気になる方は注意。

 

20181015151529

 

付属品

 

Teclast X20の付属品がこちら。

 

20181015113539

 

  1. タブレット本体
  2. 充電ケーブル(USB Type-C)
  3. 液晶保護シート
  4. SIMニードル
  5. 取扱説明書

 

液晶保護シートはすでに貼られており、購入者は「2番のシート」を剥がすだけで簡単に貼り付けられるタイプでした。

 

20181015120343

 

また、わかりづらいですが背面にも保護シートが貼られています。

こちらは、配送時の傷を防ぐためのものですね。

 

20181015113640

 

その他に、SIMカード対応のタブレットなので「SIMニードル」が付属しています。

 

20181015113719

 

注意点は「充電アダプタ」が付属していないという点。

コンセントに繋ぐ充電アダプタは各自用意する必要があるので注意してください。

 

20181015113734

 

とはいえ、付属していたとしても「EUプラグ」だと思うので、個人的には付属していなくても気にならないという感じ。

付属し忘れかと思いGearBestのサイトを確認しましたが、付属品の欄に充電アダプタは記載されていませんでした。

 

20181015151448

 

取扱説明書は「英語」と「中国語」

基本的な操作はAndroidなので、読まなくてもだいたいわかるはず。

 

20181015113803

 

筐体

 

冒頭でも紹介した通り、Teclast T20は「シルバー」のタブレットです。

 

20181015153940

 

背面はシルバー系で、右側にあるのが指紋認証パネル

側面には音量調整ボタンやイヤホン端子、SIMカードスロットなどがついています。

 

20181015154022

20181015113948

 

「スリープボタン」や「音量調整ボタン」は横画面で使った場合の右上に搭載されています。

スピーカーは左右についていました。

 

20181015154433

20181015154441

 

重量

 

Teclast T20の重量は「約546g

画面サイズが同じ「Chuwi Hi9 Air」と同じくらいでした。

 

20181015160751

 

それなりに重量があるため、長時間持って操作するのは大変かも。

固定して使うなら「タブレットアーム」や「タブレットスタンド」があると便利だと思います。

 

 

  • ASUS 23インチ フレームレスモニター IPS
    Amazon
  • Unique Spirit タブレットアーム タブレットスタンド
    Amazon
  • Pixio PX276 ディスプレイ モニター 27インチ
    Amazon

10インチのタブレット

 

Teclast T20の画面サイズは「10.1インチ

 

20181015114025

 

大画面のタブレットなので、WEB閲覧や動画視聴がとても快適です。

 

20181015151515

 

またSIMが使えるタブレットなので、外出時に使うデバイスとしてもオススメ。

移動中に読書をしたい方も便利に使えると思います。

 

イヤホン端子がある

 

USB Type-Cで充電するタイプのデバイスだと「イヤホン端子」がついていないものも多いのですが、Teclast T20にはイヤホン端子があります。

 

20181015114104

 

変換不要ですし、充電しながらイヤホンが使えるので便利ですね。

また、ゲームで使ってみたときに思ったのですが、Teclast T20のイヤホン端子と充電端子の位置がとてもいい感じでした。

 

20181015154045

 

両方を接続した状態がこちら。

充電しながらイヤホンを使うようなゲームであっても、ケーブルの端子が邪魔にならない親切設計になっていました。

 

SIM対応

 

Teclast T20は「SIM」に対応したタブレットです。

対応ネットワークは以下の通り。

 

ネットワーク 対応
ネットワーク Dual WiFi 2.4GHz/5.0GHz
WIFI 802.11 b/g/n/ac
Network type FDD-LTE,GSM,TD-SCDMA,TDD-LTE,WCDMA
2G GSM 1900MHz,GSM 900MHz
3G WCDMA B1 2100MHz
TD-SCDMA TD-SCDMA B34/B39
4G B1 2100MHz,B3 1800MHz,TDD B38 2600MHz,
TDD B39 1900MHz,TDD B40 2300MHz,TDD B41 2500MHz
GPS Yes
Bluetooth 4.0

 

SIMカードスロットは「イヤホン端子の下」についています。

 

20181015154113

 

SIMニードルを使って開ける感じですね。

ちなみに「TFカード(MicroSDカード)」もここから取り付けます。

 

OTG対応

 

Teclast T20の充電端子は「USB Type-C」

OTG(On-The-GO)に対応しているので、Type-CとUSBの変換ケーブルを使えば「USBキーボード」や「マウス」を使用することが可能です。

 

20181015151553

 

変換ケーブルは付属していないので注意。

 

10インチのタブレットで比較的画面が大きいので、サブデバイスとしての活用もありかも。

キーボードを用意して、外出先でブログを書くというような使い方もできるかもしれませんね。

 

20181015151733

 

もちろんBluetoothにも対応しているので、BluetoothキーボードでもOKです。

 

読書で使ってみた

 

Teclast T20を「読書」で使ってみました。

 

20181015151743

 

画面が綺麗なタブレットなので読書用のデバイスとしてはかなり便利。

画面サイズが大きく、読み進めやすいのも良いですね。

 

ただし、サイズが大きい分重量もあるのでその点は注意してください。

 

アプリで使ってみた

 

Teclast T20を使って、いくつかのアプリ・ゲームで遊んでみました。

今回遊んでみたアプリは以下の5つ。

 

ゲーム 動作状況
モンスターストライク
荒野行動
PUBG Mobile ×
Amazon Prime Video
YouTube

 

実際にやってみた感想としては、重たいゲームは動かないし、少なくとも快適に動作は無理っぽいです。

「PUBG Mobile」を例に挙げると、画質は「スムーズ」に設定しないとカクつきますし、描画品質は「中」までしか設定できません。

 

荒野行動は比較的カクつくことなく動作しますが、遊んでいるうちに熱くなったため快適とは言えない感じでした。

モンストや比較的軽めのアプリであれば快適に動作します。

 

以前レビューを行なった「Chuwi Hi9 Air」と比べるとCPU性能はアップしているのですが、実際にゲームをしてみた感想としてはそこまで差を実感できませんでした。

Teclast T20に搭載しているCPUは「Helio X27」です。

 

ベンチマーク

 

Antutuというアプリを使って、Teclast T20のベンチマークテストを行なってみました。

結果はこちら。

 

20181015165501

 

指紋認証パネルに注意

 

Teclast T20は「指紋認証パネル」を搭載しています。

ここにタッチすることでタブレットのロックを解除できたり、特定の操作ができるのですが、タイミングによって不便な場合もあったので紹介します。

 

20181015154240

 

まずひとつ目は「タッチしづらい」という点。

 

指紋認証パネルが背面に搭載されているため、タブレットを操作したいときに背面をタッチする必要があります。

スマホ程度のサイズなら問題ないのですが、タブレットだとタッチする位置を特定しづらく、私の場合は結局パスワードを入力することの方が多いです。

 

指紋認証の精度は悪くないのでちょっともったいないと感じました。

 

ふたつ目は「誤作動することがある」という点。

 

Teclast T20の指紋認証パネルは、タッチすることで「ホームに戻る」動作を実行することができます。

横画面で持っているときに指が当たって誤作動することがありました。

 

ゲーム中にホームへ戻ってしまうなど、場合によって邪魔になることがあったので注意してください。

 

13MPのカメラを搭載

 

Teclast T20のカメラは「13.0MP

タブレットにしては比較的高い性能を持っています。

 

20181015154301

 

実際に撮影した写真がこちら。

 

20181015151755

 

意外と綺麗に撮影できました。

とはいえ私はタブレットのカメラを使わないため、そこまでありがたみは感じませんでした。

 

扱いやすく高コスパなタブレット

 

全体的に、Teclast T20はコスパが高いタブレットだと感じました。

動作も安定しているので「読書」や「動画視聴」で使っていこうと思っています。

 

Teclast T20

 

ただし、ゲームをするタブレットとして使おうと思っている方には微妙かも

PUBG Mobileや今後登場するゲームをやりたいと思っている方は、もう少し予算をアップしてiPadなどを購入するのが無難かもしれませんね。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ

 

今回レビューしたように「Teclast T20」は見た目がカッコよく、読書やWEB閲覧に便利な10インチタブレットでした。

価格が安く、作りがしっかりしたデバイスが欲しい方はチェックしてみてください。

 

 

ではまた。

過去にレビューしたアイテム


関連記事
おすすめの記事