Amazon 合わせ買い対象商品

Amazonを利用する時「あわせ買い対象商品」というアイコンがついた商品が表示されたことはありませんか?

 

これは、他の商品と一緒に買うとちょっとだけお得に変える商品のことなのですが、物によっては半額近く安くなっていたので、実際に試した結果と注意点などを合わせて紹介します。

検索方法なども合わせて紹介しているのでチェックしてみてください。

はじめに

 

私が「Amazon あわせ買い対象商品」で購入した商品はこちら

 

Amazonベーシック ノートパソコンスリーブ 15-15.6インチ グレー
Amazonでチェック

 

タブレットやノートPCを入れるのに便利で、2つ折りにして専用キーボードやマウスも一緒に入れられるスリーブケースが欲しかったので、良い機会だと思い購入しました。

そのうちレビュー記事も執筆する予定なので、良ければチェックしてみてください。

 

追記

2018/05/14追記:

Amazonベーシック ノートPCスリーブのレビュー記事を公開しました。

 

 

あわせ買い対象商品って?

 

さて、今回紹介する「あわせ買い対象商品」とはなんなのかチェックしていきましょう。

Amazonの公式ヘルプには、以下のように説明されていました。

 

あわせ買い対象商品を注文する

あわせ買い対象商品は、Amazonギフト券を除くAmazon.co.jp が発送する商品と組み合わせて、合計額が2,000円(税込)以上の場合にご購入いただけます。あわせ買い対象商品の単品でのご注文は承っておりません。

あわせ買い対象商品を注文するより引用

 

簡単に言ってしまうと「カート内の合計が2000円以上の場合に購入できる」もの。

合計で2000円以上っていうのがポイントで、例えば「1500円の商品」と「500円のあわせ買い対象商品」をカートに入れておけば購入ができるってことなんです。

 

Amazonのショッピングカート

 

2000円以上の商品じゃなくても良いんだね

 

基本的に「あわせ買い対象商品」は通常より安くなっているはず。

ティッシュやキッチンタオル・電池なんかまで対象商品になっていて、Amazonで何か買うときのついでで購入するみたいな使い方もオススメです。

 

Point
カート内の合計価格が合わせ買いの条件に達していればOK

 


単体で購入は不可

 

Amazonヘルプにもあったように「あわせ買い対象商品」を単体で購入することはできません

あわせ買い対象商品の値段にもよりますが、どんなに安い商品であっても、だいたい2000円くらいかかるということになります。

 

この辺はAmazonの策略なのかな。

 

とはいっても、Amazonでの約2000円というハードルはそんなに高くないと思っています。

 

Amazonはなんでも扱っていると言っても過言じゃないですからね

 

検索が面倒

 

Amazonには「あわせ買い対象商品」というカテゴリーは存在しません

2000円の買い物をするから、何か良いあわせ買い対象商品はないかなー。」というような時、商品を探すのは意外と大変。

 

じゃあ合わせ買対象商品を狙って購入するのは無理かな...

 

対策としてちょっとだけ簡単に合わせ買対象商品を探す方法があったので見ていこう

 

実際に私がスリーブケースを購入した時も、関連商品の中に表示されたのをたまたま発見した感じでした。

対処法としては、Amazonの検索欄に「あわせ買い対象商品」と入力すれば、いくつかの商品が表示されるので活用してみてください。

Amazon - あわせ買い対象商品 全てのカテゴリー

 

合わせ買い対象商品の検索欄

 

結構安くなってるものも多い

 

私が購入した「Amazon ベーシック」のPCスリーブは「467円」でした。

もともと900円ぐらいの商品なので、ほとんど半額近くお買い得になっていたわけですね。

 

意外としっかりしていて気に入っています

 

20180425143032

 

あわせ買い対象商品とはいえ驚きです

物によって価格や値引きされる額は変わってくると思いますが、ちょうど欲しいものが「あわせ買い対象」になっていたら要チェック!

 


対象から外れることもある

 

あわせ買い対象商品になっていたとしてもずっと対象になるわけではありません

例えば、私が購入したスリーブケースは現在あわせ買い対象から外れており、執筆時の価格で「909円」になっています。

 

Amazonベーシック ノートパソコンスリーブ 15-15.6インチ グレー
Amazonでチェック

 

悩んでいるうちに対象から外れて高くなっちゃうと勿体無いので注意してください。

 

Point
合わせ買い対象商品から外れることもある

購入のタイミングに注意

 

日用品が多め

 

あわせ買い対象商品で検索をかけてみると、表示されるリストは「日用品」が多いです。

先ほど紹介したティッシュや電池の他に、以下のようなものが見つかりました。

 

  1. 文房具系(消しゴム・ノリ・鉛筆)
  2. トイレ用品(消臭スプレーなどや洗浄剤)
  3. 洗顔料
  4. 洗剤(洗濯洗剤・漂白剤)
  5. キッチン用品(スポンジ・付近)
  6. ラップ
  7. お菓子系・調味料系
  8. その他

 

基本的には、やはり「日用品」が多め。

中でも「消費するタイプの商品」が多い印象を受けました。

 

合わせ買い対象商品の検索結果

 

やっぱり日用品を一緒に買う人が多いのかも

 

執筆時の物なので、紹介した商品が無い可能性もありますし紹介していない商品が追加されている場合もありますが、掘り出し物が見つかったり面白いのでチェックしてみてください。

Amazon - あわせ買い対象商品 全てのカテゴリー

 

まとめ

 

今回紹介したように、Amazonの「あわせ買い対象商品」をうまく活用することで、便利なアイテムや日用品を安く購入することができました。

Amazonを利用する時、ついでにあわせ買い対象商品を覗いてみてはいかがでしょうか。

 

 

ではまた。

過去にレビューしたアイテム