【Xiaomi Redmi Note 6 Pro 実機レビュー】AIカメラや水平器で綺麗に撮影できる6インチスマホ!カメラ用デバイスとしてもオススメ!

今回は、GearBestから販売されている「Xiaomi Redmi Note 6 Pro」というスマートフォンを実機レビューします。

 

カメラ性能に特化しており、AIカメラや水平器による写真を撮影できるタイプの6インチスマホとなっています。

OSにはXiaomiの「MIUI」を搭載していて扱いやすいのでチェックしてみてください。

はじめに

 

今回レビューする「Xiaomi Redmi Note 6 Pro」がこちら!

 

20190109150629

20190109150613

 

本製品は、GearBest様より提供いただきました。ありがとうございます。

 

ぱっと見は大人しい系のデザイン。

背面の下の方には「Xiaomiのロゴ」が入っていました。

 

20190109150701

 

Xiaomi Redmi Note 6 Pro 4G Phablet Global Version 3GB RAM - BLACK

 

Xiaomi Redmi Note 6 Proの筐体

 

Xiaomi Redmi Note 6 Proは、前後に「デュアルカメラ」を搭載。

前後合わせて4つのカメラを持っているんです。

 

20190109150714

20190109150726

 

指紋認証パネルがいい感じ

 

背面の真ん中には「指紋認証パネル」があり、人差し指でタッチする感じですね。

実際に使ってみた感じ精度はなかなか高く、10回中8回くらいはうまく認証できました。

 

20190109150741

 

スマホのロック解除がスムーズになるので、オススメポイントのひとつです。

 

側面には音量・電源ボタン・SIMスロットを搭載

 

側面には「音量ボタン」「電源ボタン」「SIMカードスロット

電源ボタンは音量ボタンの下に付いており、スマホを持った時に自然と電源ボタンを押せるようなちょうど良い位置にあると感じました。

 

20190109150817

 

TFカード(MicroSDカード)はSIMと同じ場所から追加する感じでした。

 

20190109151319

 

イヤホンジャックあり・充電はMicroUSB

 

上部には「3.5mmイヤホンジャック

底部には、充電で使用する「MicroUSB端子」とスピーカーが搭載されています。

 

20190109151328

20190109162717

 

ノッチディスプレイは好みが分かれるかも

 

ディスプレイは「ベゼルレスデザイン」を採用。

ホームボタンなどは画面をタップして操作する「オンスクリーンモデル」になっています。

 

20190109151441

 

フロントカメラの部分は、凹んだような見た目の「ノッチディスプレイ」を採用しました。

 

20190109151459

 

この辺は好みが分かれるところですが、個人的には大画面でありながら持ちやすくて気に入っています。

 

エッジが窪んでいる

 

個人的にちょっと変わっていると感じたポイントは「本体のエッジ部分

画像でうまく伝わるかわかりにくいですが、側面にくぼみがあるためカバーが外れにくかったり、持った時に滑りにくくなっているような気がしました。

 

20190109151556

20190109151617

 

逆に、カメラ部分は出っ張っています。

カバーをつけると、いい感じの平面になりました。

 

20190109161340

 

カバーを付ける方には問題ないですが、XIaomi Redmi Note 6 Proをそのまま使おうと思っている方は少し気になるかもしれません。

 

Xiaomi Redmi Note 6 Proの配送状態・付属品

 

Xiaomi Redmi Note 6 Proの配送状態はこんな感じでした。

 

20190109151639

 

外箱は「よく見るスマホの箱」って感じ。

オレンジ色の箱に大きく「Redmi Note 6 Pro」と書かれていました。

 

開封直後がこちら!

 

20190109151644

 

液晶や背面には「保護シート(すぐ剥がすやつ)」のようなものが貼られており、本体に傷や不具合はありませんでした。

 

20190109151655

20190109151701

 

ただし、本体の液晶保護シートは無し

画面の傷が心配な方は各自用意する必要がありそうです。

 

20190109151749

20190109151745

 

付属品は以下の通り。

 

  1. Xiaomi Redmi Note 6 Pro 本体
  2. Xiaomi Redmi Note 6 Pro 専用カバー
  3. MicroUSB充電器
  4. 電源アダプタ(EUプラグ)
  5. 取扱説明書
  6. SIMニードル

 

20190109163832

 

充電器は「EUプラグ」なので注意。

日本のコンセントで使用する場合は、変換アダプタを用意するか、電源アダプタを各自用意する必要があります。

 

20190109163813

 

カシムラ 国内用変換プラグ C→A NTI-22
Amazonでチェック

 

付属のカバーは、クリア系で柔らかいタイプ。

スマホ本体の傷や汚れが気になる人にもオススメです。

 

20190109164452

 

実際に付けてみるとこんな感じ。

 

20190109164457

 

カバーなしの「マットなデザイン」とは違い、ツルツルした光沢のあるスマホになりました。

カバー自体が柔らかいため外すのは簡単ですが、先ほど紹介した側面の窪みによってカバーがしっかりフィットするようになっています。

 

20190109151946

 

もちろん「充電コネクタ」や「指紋認証」「スピーカー」「カメラ」などの部分は穴が空いているので、カバーを付けたままの使用もOK。

カメラ部分は、カバーをつけた時ちょうど平らになる感じのデザインでした。

 

20190109151950

20190109151955

 

SIMカードスロットはカバーを外す必要があります。

 

Xiaomi Redmi Note 6 Proの日本語化は超簡単

 

Xiaomi Redmi Note 6 ProはMIUIを採用しています。

基本的な操作はAndroidと同じ感じで、初回起動時に「Choose language」から「日本語」を選択するだけで日本語化が可能。

 

20190109164510

 

こんな感じで選択するだけでOKなので超簡単でした。

もちろん、後から変更も可能です。

 

20190109152431

 

日本語入力も初回起動時から対応していました。

 

ノッチディスプレイを調整する

 

先ほど軽く紹介した通り、Xiaomi Redmi Note 6 Proはノッチディスプレイを採用しており、設定から調整することも可能になっています。

 

20190109152448

20190109152450

 

設定 > 全画面 > ノッチを隠す」にチェックを入れるだけで、簡単にノッチディスプレイ部分を使わないようにできました。

ただし、ゲームなど特定のアプリでは意味がないものもあったので注意してください。

 

20190109152512

 

ノッチ部分を目立たなくさせる程度の機能っぽいですね。

 

カメラ性能が優秀

 

Xiaomi Redmi Note 6 Proのメインとなるポイントが「カメラ性能

 

20190109152544

 

背面デュアルカメラは「12.0MP + 5.0MP

フロントカメラにも「20.0MP + 2.0MP」のデュアルカメラを搭載しているんです。

 

20190109152642

 

さらに、AI技術によって「被写体に合わせた写真」が撮影できるとか。

カメラアプリを開くと「AI」というボタンがありました。

 

20190109152842

 

カメラにあまり詳しくないため、高級なものと比べると変わってくるのかもしれませんが、個人的には十分綺麗に撮影できていると感じました。

これからどんどんカメラを使っていこうと思います。

 

20190109152901

 

正直まだ全然使いこなせていませんが、普段持ち歩くスマホでサッと撮影できるので、風景や人物などいろんな写真を撮る方にもオススメなアイテムになっています。

写真を撮影する際に、色味を変更したり白黒の写真を撮影するのもかんたんでした。

 

20190109153149

 

20190109152923

20190109152926

 

個人的に気に入ったのが「水平器」というモード。

この機能をONにすることで、カメラが自動的に水平を判断して写真を撮影してくれます。

 

20190109152955

 

実際に撮影してみたのがこちら!

 

20190109161837

20190109161840

 

上が水平器あり。

もちろん撮影したスマホは同じ位置です。

 

結構極端な角度をつけても修正してくれました。

すごいですね!

 

正面からしっかり撮影したいときや角度がきついときに超便利。

撮影時には「四角いフォーカス」が表示され、水平器がどのように働くかをリアルタイムで確認できるようになっています。

 

20190109153031

 

スマホで撮影した時にどうしても傾いて撮れてしまうという方にもってこいの機能でした。

あえて水平じゃない写真にしたいときは「水平器」をOFFにすれば良いだけなので簡単ですね。

 

20190109153028

 

その他にも、背景をぼかす「チルトシフト

シャッターを押してから「3秒後(5秒後)」に撮影できる「セルフタイマー機能」なんかも搭載されていました。

 

20190109153110

 

うまく使いこなすことで、よりこだわりの写真が撮影できそうですね。

もちろん、コントラストや彩度など、細かい調整もできるようになっているので、自分の扱いやすいようにカスタマイズしてみてください。

 

20190109153116

 

透かしを入れられる

 

こちらもカメラ機能の一部なのですが、Xiaomi Redmi Note 6 Proは「左下に撮影したデバイス名」を入れることができるんです。

 

20190109153208

 

Twitterなどでこんな感じの透かしを見たことがありませんか。

なんとなくいい感じの写真っぽくなりました。

 

こちらはカメラの設定から「デュアルカメラの透かし」のチェックを外すことで消すことも可能です。

 

20190109153226

20190109153219

 

Xiaomi Redmi Note 6 Proのスペック・仕様

 

ここで一度Xiaomi Redmi Note 6 Proのスペックをおさらいしましょう。

 

スペック
システムMIUI 9
CPUSnapdragon 636 オクタコア
メモリ3GB(4GB)
ストレージ32GB(64GB)
画面サイズ6.26インチ
解像度2280x1080
ディスプレイIPS
カメラ(後)12.0MP+5.0MP
カメラ(前)20.0MP+2.0MP
バッテリー容量4000mAh
重量0.1820kg
ネットワーク
2GGSM 1800MHz,GSM 1900MHz,GSM 850MHz,GSM 900MHz
3GWCDMA B1 2100MHz,WCDMA B2 1900MHz,WCDMA B4 1700MHz,WCDMA B5 850MHz,WCDMA B8 900MHz
Network typeFDD-LTE,GSM,TDD-LTE,WCDMA
WIFI802.11a/b/g/n/ac wireless internet
Wireless Connectivity3G,4G,A-GPS,Bluetooth,GPS,GSM,LTE,WiFi
4G LTEFDD B1 2100MHz,FDD B20 800MHz,FDD B3 1800MHz,FDD B4 1700MHz,FDD B5 850MHz,FDD B7 2600MHz,FDD B8 900MHz,TDD B38 2600MHz,TDD B40 2300MHz

 

執筆時現在、GearBestで販売しているXiaomi Redmi Note 6 Proは「3GBモデル」と「4GBモデル」があります。

 

4GBモデルはこちら

 

Xiaomi Redmi Note 6 Pro 6.26 inch 4G Phablet Global Version - DENIM BLUE
GearBestでチェック

 

正直価格差はほとんどなく、メモリやストレージ容量がアップするため、予算に余裕があるなら4GBモデルを購入しても良さそうな感じでした。

 

20190109164757

 

ちなみに私が使用しているモデルは「3GBモデル

今のところWEB閲覧や動画視聴など、普段利用で重たいと感じることはないので、カメラメインで考えている方は3GBモデルでも十分かもしれませんね。

 

20190109153302

 

3GBモデルのストレージは「32GB」と少ないですが、TFカード(MicroSDカード)を使えば「最大256GB」まで拡張できるので問題ないと思います。

MicroSDカードスロットは「SIMカード」と同じところでした。

 

20190109153802

 

Xiaomi Redmi Note 6 Proの重量は?

 

実際に、Xiaomi Redmi Note 6 Proの重量を計ってみました。

 

20190109153838

 

結果は「約182g」(カバー無し状態で測定)

スペック欄に載っていた重量と同じですね。

 

20190109153924

 

ベゼルレスやスリムなボディのおかげで、6.2インチでありながら長時間持っていても疲れにくいように感じました。

 

ゲームで使えるか

 

先ほど紹介した通り、GearBestで現在販売されている「Xiaomi Redmi Note 6 Pro」は「3GBモデル」と「4GB」モデルがあります。

私が使用している「3GBモデル」は、ゲーム用のデバイスとして使えるのか試してみました。

 

今回試したゲームは「モンスト」と「PUBG Mobile」の2つ。

軽い系のソシャゲと重たい3Dゲームですね。

 

結果は...

 

モンストPUBG Mobile
サクサク快適画質を下げてもほぼできない

 

PUBG Mobileに関しては、初回起動時に設定された画質が「スムーズ」

もっとも高い設定でも「標準の中」までしか設定できません。

 

20190109154250

20190109154251

 

基本的にガッツリゲームをするという方には向かないデバイスといった印象でした。

 

カメラ性能が高く持ち運びに便利なデバイス

 

Xiaomi Redmi Note 6 Proの全体的な評価としては「カメラ性能が高く持ち運びが便利なスマホ」といった印象を受けました。

 

20190109154336

20190109154329

 

見た目もかっこ良いし、指紋認証パネルやボタンのつくりなど、カメラ性能以外の部分も完成度が高くて気に入っています。

価格も比較的安いので、写真用のサブデバイスとしても便利に使えそうですね。

 

Xiaomi Redmi Note 6 Pro 4G Phablet Global Version 3GB RAM - BLACK

 

まとめ

 

今回レビューした「Xiaomi Redmi Note 6 Pro」は、カメラ性能重視のスマホでした。

ベゼルレスデザインやノッチディスプレイのおかげで、6.2インチもあるのに持ちやすく、深いこだわりがなければカメラを持ち運ぶより便利だと感じました。

 

 

AIカメラや水平器など、写真をより綺麗に撮影してくれる機能が充実しているので、興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

ではまた。

過去にレビューしたアイテム