【Fleximounts モニターアーム レビュー】コスパ最強のモニターアーム!取り付け簡単で滑らかに調節可能!

今回は「Fleximounts」で販売されている「シングルモニターアーム」をレビューします。

 

価格が安いだけではなく、取り付けや扱いやすさも非常に快適で「高コスパ」なモニターアームなので、ぜひチェックしてみてください。

はじめに

 

今回レビューするアイテムがこちら!

 

FLEXIMOUNTS モニターアーム 液晶ディスプレイアーム クランプ式 水平多関節 30インチ10KGまで対応 M11
Amazonでチェック

 

本製品はFleximounts様よりご提供いただきました。

 

Fleximounts モニターアームのオススメポイント!

  1. 取り付けは簡単
  2. モニター周りをスッキリできる
  3. コード収納スペース付き
  4. ほぼ真上まで角度調節可能
  5. 縦画面対応
  6. 関節は3つ
  7. クランプで取り付け
  8. 75mmか100mmのVESA企画に対応
  9. コスパ最強

 

こんな感じで、モニターの扱いがより便利になるので、まだ使っていない方や、これからデュアルディスプレイにしようとしている方にオススメ。

 

配送状態

 

Fleximounts モニターアームの配送状態はこんな感じでした。

 

20180322181704

 

箱を開けると、パーツごとに分かれたモニターアームが出てきます。

また、ネジや工具(六角レンチ)などは付属していたので、各自用意する必要はありません。

 

20180322181713

20180322181719

 

これらのパーツを組み立てていくわけですね。

 

Check

モニターとアームをネジで取り付けるときに「プラスドライバー」が必要になります。

こちらは付属していなかったので注意してください。

 

では早速モニターアームを組み立て・設置する方法を見ていきましょう。

 


組み立て・設置

 

私はこれまでいくつかのモニターアームを試してきたのですが、Fleximountsのモニターアームは「比較的組み立てやすい」と感じました。

というのも、付属の取扱説明書には「ネジの種類」や「工具の種類」などが詳しく説明されているんです。

 

20180322181805

20180322181947

 

CのネジをFの六角で閉めるというように説明されているので、組み立ては超簡単。

これなら、初めてモニターアームを組み立てる人でも簡単に組み立てできますね。

 

では実際にFleximounts モニターアームを設置していきましょう。

まずはクランプ部分を組み立てていきます。

 

20180322182114

 

このようなパーツがあるのでクランプの土台に合わせてネジを止めるだけ。

 

20180322182011

 

画像のようになったら、モニターアームのポール部分とネジで固定します。

 

20180322182201

 

20180322182018

 

続いてポールに「アーム部分」を取り付けていきましょう。

ここでは工具不要。

 

20180322182250

 

20180322182302

 

画像のようなレバーをあげるだけで、アーム部分の位置を固定できるんです。

工具はいらないのですが、このレバー「めっちゃ硬い」です。

 

20180322182319

 

注意してください。

ここまでくれば、あとはアームにモニターをくっつけるだけですね!

 

20180322143816

 

アームの先端部分とモニターの背面をネジで固定しましょう。

使用するネジは「AかB」、4つのネジをドライバーで固定しました。

 

20180322182350

 

このとき、ネジとネジ穴の間にリングっぽいパーツ(パーツE)を挟んで固定することで、ネジの締め付けによる傷を防いだり、ネジの締めすぎを防止することができます。

 

別に無くても固定できますが、こういった小さい配慮はありがたいですよね。

 

20180322182412

20180322192221

 

ちなみに、クランプ部に以下のパーツを挟むことで、デスクへの傷を抑えたり、滑り止めにもなりそうです。

 

20180322182502

 

たったこれだけでモニターアームの組み立て・取り付けは完了です。

本当に簡単で、慣れていれば15分程度で設置できました。

 

では、続いてFleximounts モニターアームのオススメポイントを紹介していきます。

 

取り付けはVESA規格

 

モニターアームを取り付けるためには「VESA規格」と呼ばれるネジ穴が必要です。

先ほども紹介した通り、モニターの背面に「4つの穴」があるはずです。

 

20180322182522

 

これがVESA規格。

VESA規格のないモニターは基本的にアーム取り付け不可なので、あらかじめ確認しておいてください。

 

過去にレビューした「ASUS 23インチ フレームレスモニター」なんかもVESA規格がないため、モニターアームを取り付けることはできません。

 

20180322182537

 

 

Fleximounts モニターアームは、

75x75mm」と「100x100mm」のVESA規格に対応していました。

アームを取り付けるネジは「ネジ穴の深さ」によって変わるみたいなので注意してください。

 

関節は3箇所

 

Fleximountsのモニターアームは「3つの関節」があります。

根元から順番に「135°」「180°」「180°」というようになっています。

 

20180322183355

 

また、先ほども紹介した通り「モニター部分は360°回転可能」なので、モニターを縦にして使うこともできます。

 

20180322183431

 

関節はそれぞれ「六角レンチ」で調整することができるので、実際に使いながら微調整してみてください。

 

20180322183453

 

真ん中の関節は「カバー」でネジが隠れていたので、取り外してから調整しましょう。

 

20180322183500

20180322183503

 

ちなみに、モニター取り付け部分の関節は、初期状態だと緩すぎてモニターが下を向いてしまいました。

 

20180322183522

 

モニターによって変わると思いますが、私が使っているBenQモニターの場合は調整必須です。

 


クランプのサイズ

 

Fleximounts モニターアームのクランプは、取り付け時、約8cm * 約8cmのスペースが必要になります。

 

20180322183809

 

また高さもある程度必要になるので、取り付けを予定しているデスクを確認しておきましょう。

 

ちなみに、私は同社の「スタンディングデスク」に取り付けて使用しています。

こちらも過去にレビューしており、とても便利なのでチェックしてみてください。

 

 

今回レビューしているモニターアームや、スタンディングデスクは「公式サイト」からもチェックできるので、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

https://www.fleximounts.jp/

 

モニター周りがスッキリする

 

モニターアームといったら、やっぱこれですよね。

 

20180322183624

 

モニターの下がスッキリするんです。

本来なら、この部分はモニタースタンドがあるので物を置くことはできません。

 

20180322183721

 

モニターアームを使えば、モニターを空中に設置できるようになり、キーボードを置くスペースを確保できました。

これなら、デスクをよりスッキリさせることができますね。

 

20180322183738

 

コード収納スペースあり

 

アームを使うことでモニター周りをスッキリさせられると紹介しましたが、Fleximounts モニターアームは、ケーブルもまとめておくこともできるんです。

 

20180322183539

 

ポール部分にケーブルを通すだけで、モニターの電源ケーブルやHDMIケーブルなどが絡む心配もありません。

 

取り付け方法も、ケーブルを通すだけなので簡単です。

通したケーブルは、ポールの先端から出し「付属のパーツ」を使用して固定します。

 

20180322184141

 

アーム部分には「ケーブルカバー(ガイド)」を取り付けられるので、アームに沿ってケーブルを通すことができました。

 

20180322183834

 

ただし、取り付け時には注意が必要です。「ただ広げてはめるだけ」なので、力を入れすぎると壊れそうなくらい不安がありました。

 

20180322184043

 

私は大丈夫でしたが、取り付け時には注意してください。

 


デュアルディスプレイに必須

 

個人的には、デュアルディスプレイにするなら「モニターアーム必須」だと思っています。

 

20180322184212

 

ちょっと無理はありますが、撮影用の小さなテーブルでもデュアルディスプレイにできちゃいました。

これが、モニターアームの良さですね。

 

また、モニター同士の高さを合わせたり、細かく角度を調整するためには、モニターアームが超便利なんです。

 

さらに、Fleximountsのモニターアームは「縦向き」で設置することもできるので、気分によってモニターの角度を調整することもできます。

 

20180322184230

 

このような使い方がしたい人には「モニターアームが必須」ということですね。

 

モニターを前に出せる

 

モニターアームを取り付けることで、モニターを前後に移動させることができます。

 

20180322184300

 

つまり、クランプ部分さえデスクに固定できれば、下に何も無くてもモニターを設置できちゃうってこと。

 

20180322184313

 

設置場所によっては、ベットで寝ながら動画視聴なんかでも超便利です。

 

モニターアームを最大まで伸ばした時の距離は、「約40cm

これでも十分長さを確保できますが、個人的には、あと10cm距離を伸ばせたら完璧でした。

 

20180322185013

 

アームの移動がスムーズ

 

私が前に使っていたモニタアームは、角度調節時に「ガッ」というような引っ掛かりがあったのですがFleximountsのモニターアームは滑らかに調整できるんです。

 

20180322185051

 

そのため、思った角度に調整しやすいと感じました。

上下方向や左右方向の角度調節を頻繁に行う人にオススメ。

 


ほぼ真上まで調整可能

 

Fleximountsのモニターアームを試用してみて、一番驚いたのが「モニターを真上にできる」という点。

 

20180322185059

 

同様に真下にも角度調節できました。

 

20180322185107

 

このように、モニターの上下を自由に調整できます。

さすがにここまでする事は稀ですが、上下の調整に際限がないので気に入っています。

 

コスパは超高い

 

正直、モニターアームと言うだけなら、

他社からもたくさん販売されていますよね。

 

Fleximountsのモニターアームは、価格が安いのはもちろん、角度調節のしやすさや設置の簡単さなどから見ても、かなりコスパの良いモニターアームだと感じました。

 

これまで、VESA規格のあるモニターをそのまま使っている方は、一度モニターアームを取り付けてみてはいかがでしょうか。

きっと、もっと便利になるはずです。

 

FLEXIMOUNTS モニターアーム 液晶ディスプレイアーム クランプ式 水平多関節 30インチ10KGまで対応 M11
Amazonでチェック

 

まとめ

 

実際にFleximouts モニターアームを使ってみた感想としては、

 

  1. デスク周りがスッキリ
  2. 上下で角度調整できるのが良い
  3. 取り付けが簡単でオススメ
  4. ただモニターアームは重い
  5. もうちょっと調整距離があると完璧だった
  6. コスパは超高い

 

といったところでしょうか。

 

デュアルディスプレイにしようと思っている方や、コスパの高いモニターアームを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

今回紹介したFleximounts モニターアームはコスパが高く取り付けも簡単なので、初モニターアームにもオススメです。

 

 

ぜひチェックしてみてください。

ではまた。

過去にレビューしたアイテム