こんにちはクリアメモリです!

今回は、YouTubeでチャンネルを運営する上で重要な「チャンネルアート推奨サイズ」はいくつなのかについて紹介します。

 

チャンネルアートというのは、YouTubeチャンネルのホームにも表示されるバナー画像のこと。

YouTubeのヘルプページに推奨サイズに関する記載や注意点があったのでチェックしてみてください。

はじめに

 

今回紹介する内容は、YouTubeの「チャンネルアート(バナー画像)」の推奨サイズについて。

YouTubeチャンネルのホームにアクセスしてみてください。

 

YouTube ホーム画面

 

こちらはPC版のYouTubeですが、ヘッダー画像の背景にオリジナルの画像を設定しています。

チャンネルに合った画像やロゴを設置することで、より自分らしい見た目にできるので設定してみてください。

 

YouTube チャンネルアート

YouTube チャンネルアート

 

さて、このチャンネルアートですが、オリジナルの画像を用意する場合、どのようなサイズで作成すればよいのでしょうか。

YouTube公式のヘルプページに明確な推奨サイズがバッチリ記載されていたので、さっそく見ていきましょう。

 

チャンネルアートの推奨サイズはいくつ?

 

結論から言っちゃいます。

YouTubeでオリジナルのチャンネルアート(ヘッダー画像)を用意する場合、推奨されているサイズは「2560 x 1440

 

2560x1440

 

画像にするとこんな感じだね

 

YouTube公式のヘルプページによると、以下のように紹介されていました。

 

チャンネル アートはパソコン、モバイル端末、テレビ画面でそれぞれ表示のされ方が異なります。すべての端末で最適に表示されるように、2560×1440 ピクセルの画像を 1 枚アップロードすることをおすすめします。

 

ここに書かれている通り、YouTubeのユーザーはPCだけとは限りませんよね。

スマホやテレビなど、今では様々なデバイスでYouTubeを使えるようになりました。

 

それぞれの端末でチャンネルアートを見たときに、最も自然なレイアウトなのが「2560x1440」ってことみたいですね。

 

Point
YouTubeチャンネルのチャンネルアートの推奨サイズは【2560x1440】

 

最大サイズはいくつ?

 

YouTubeのチャンネルアートに使用できる画像には「最大サイズ」の制限があるようです。

 

Point
チャンネルアートのファイルサイズは【6MB 以下】
最大画像サイズは【2560×423】

 

画像の容量や横幅が大きすぎるとそもそも使用できないので注意してください。

 

ちなみに、今回の記事で使用した画像のサイズが「487KB

よほどのことがない限り、気にしなくていいように思います。

 

チャンネルアートを設定してみた

 

実際に設定してみると、以下のようになりました。

 

YouTubeのチャンネルアート

 

チャンネルアートに使用した画像はこちら。

 

チェックの画像

 

PCやスマホなど、デバイスによって「バナー画像がトリミング」されているのがわかりますね。

こんな感じで、1枚で複数デバイスに対応できるようにしましょう。

 

デバイスごとの表示に注意しよう

 

チャンネルアート作成時の注意点

 

先ほど紹介した通り、YouTubeのチャンネルアートは「1枚で複数デバイスに対応」します。

そのため、画像がどこまで表示されるかは、デバイスごとに異なるんですよね。

 

チャンネルアートのサイズ

 

実際に作ってみて思ったんですが、チャンネルアートに人物や写真を使うと見切れる部分が出るので注意してください。

場合によっては、PC・モバイルなどユーザーが多いデバイスを優先するのも良いと思います。

 

テキストの最小領域を活用しよう

 

チャンネルアートには「最小安全領域」という目安があります。

1546x423ピクセル」の部分は、どんなデバイスでも見切れないみたいです。

 

テキストやロゴの最小安全領域: 1546×423 ピクセル。この範囲外にある画像は、一部のビューや端末ではカットされて表示されることがあります。

 

Point
有名なYouTuberの方は、PC向けにチャンネルアートを作成し、見切れる部分を背景画像にする2段階構成で作成していました。

 

チャンネルアートのサンプル

 

イメージとしてはこんな感じ!
いろいろ試してみよう

 


チャンネルアートの設定は超簡単

 

ここからは、チャンネルアート(バナー画像)の設定方法を軽く紹介しておきます。

YouTubeチャンネルを新しく開設した方や、これまでバナー画像を設定していなかった方は参考にしてみてください。

 

まずは「自分のチャンネルのホーム」にアクセスしましょう。

 

YouTubeのホームページ

 

URLから直接開くか、Googleアカウントからアクセスできます。

 

Googleアカウントの詳細

 

まだ、チャンネルアートを設定していない場合、真ん中に「チャンネルアートを追加」というボタンがあるのでクリックしましょう。

 

チャンネルアートを追加

 

チャンネルアート」というウィンドウが表示されるので、バナーに設定したい画像をドラッグしてください。

 

2560x1440のやつだね

 

チャンネルアートウィンドウ

YouTube チャンネルアートウィンドウ

 

先ほど紹介したように、PC, テレビ, モバイルのプレビューが表示されました。

この時、部分的にトリミングしたい場合は、左下の「切り抜きを調整」をクリックし、表示する位置を調整してください。

 

YouTube チャンネルアート

チャンネルアート 画像の切り抜き

 

例えばこんな感じ。

最小安全領域に合わせるのも良さそうですね。

 

チャンネルアートの切り抜き

 

デフォルトでも意外といい感じになったので、切り抜きが不要な方はそのまま「選択」をクリックすればOKです。

 

Youtubeのチャンネルアート

 

最終的にこんな感じになりました。

デフォルトの状態と比べると、よりチャンネルの個性が出ていて良いですね。

 

画像編集アプリで超簡単に作れる

 

先ほど紹介した通り、YouTubeのチャンネルアートは「2560 x 1440」が推奨サイズとなっています。

画像編集ソフトを使うことで、超簡単に作成できるのでチェックしてみてください。

 

今回は、無料アプリの「GIMP」と私が使っている有料アプリ「CLIP STUDIO PAINT PRO」の2通りの方法で紹介します。

もちろん、普段使っている画像編集アプリケーションがある方は、慣れ親しんだものでOKです。

 

無料アプリケーション GIMPの場合 :

 

GIMPを起動し、ファイル > 新しい画像(N)... をクリック。

 

GIMP 新しい画像

 

キャンバスサイズ(画像サイズ)を先ほど紹介した推奨サイズの「2560x1440」にします。

単位は「px」にしましょう。

 

たったこれだけです。

 

ClipStudioPaintの場合 :

 

ClipStudioPaintを使ってチャンネルアートを作るのも超簡単です。

画像の新規作成時、キャンバスの「幅」と「高さ」を推奨サイズに合わせるだけでOKですね。

 

ClipStudioPaint 新規作成

 

キャンバスの作成時は、右上にある「単位」をpxにするのを忘れないよう注意。

ちなみに、今回のチャンネルアートで使用した「チェック柄」は、ClipStudioPaintにもともと用意されている素材を使って数秒で作成しました。

 

ClipStudioPaint アーガイル

 

私自身、サムネイルの作成にClipStudioPaintを使っています。

チャンネルアートだけでなく、サムネ作成やお絵描きにも使える便利なアプリケーションなので、興味のある方はチェックしてみてください。

 

ClipStudioPaint カラーパターン

 

 

まとめ

 

今回紹介したように、YouTubeのチャンネルアートの推奨サイズは「2560 x 1440」でした。

ひとつの画像で複数のデバイスに対応できるので簡単ですね。

 

最小安全領域や画像の切り抜きなど、画像のアスペクト比以外にも注意する点がありました。

有名YouTuberや好きな動画配信者様のチャンネルアートを参考にしつつ、自分らしいバナーを作ってみてください。

 

 

ではまた。

 

関連記事
おすすめの記事