こんにちはクリアメモリです!

みなさんはブログを書く時、マインドマップを活用していますか?

 

マインドマップに記してから記事を書くことで、全体のバランスを取りやすくなりますし、スムーズに書きやすくなると思っています。

そこで今回は、PCやスマホで使える無料のマインドマップ作成アプリ「SimpleMind」を紹介します。

はじめに

 

今回紹介する無料アプリは「SimpleMind Lite

冒頭で紹介した通り、マインドマップを作れる無料アプリになっています。

 

マインドマップって何だろう?

マインドマップっていうのは
アイデアを線で繋いでまとめる方法のこと

ブログやサービスを作るときに整理しやすいかも

そんなマインドマップを簡単に作れるのがSimpleMindっていう無料アプリなんだ!

 

SimpleMindは「Mac」「iPhone」「Android」に対応しています。

こちらからダウンロードしてみてください。

 

 

Mac・iPhone・Androidで対応確認済み。

無料版と有料版があるのですが、個人的には無料版で十分高機能だと思っています。

 

ちなみに、無料版のSimpleMindは、デバイスによって名前が変わってきます。

 

  1. Mac ... Lite
  2. iPhone ... +
  3. Android ... Free

 

ちょっとややこしいですね

 

マインドマップとは

 

マインドマップっていうのは、ブログを書いたりマーケティングに関するメモを書いたりする「設計図」のようなものです。

以下の画像を見てみてください。

 

20180131032358

 

ブログっぽいマインドマップの一例として作ってみました。

記事を書く前に、こんな感じでまとめておくと書きやすいですよね。

 

見出しごとの階層を分けてまとめられるのが便利だね

 

マインドマップに一度書き出したあとで、順序を入れ替えることも容易になります。

ブログを書くときは、このようなマインドマップを作っておくと記事が書きやすくなるので、ぜひSimpleMindを使ってみてください。

 

では、SimpleMindの細かな機能をみていきましょう。

 

レイアウト調整可能

 

先ほどの画像では、「大見出し」や「中見出し」が一列に並んでいましたよね。

 

20180131032409

 

見出しの数によっては、ものすごく縦長になってしまうこともあるかもしれません。

そんな時は「左右にツリー」を表示させることで、ある程度対応できます。

 

SimpleMindはレイアウトもカスタマイズできるんだね

 

親要素(ここではSimpleMind)を選択した状態で、上部のアイコン「Layout」をクリックしましょう。

 

20180131032442

 

実は、先ほどのレイアウトでは「Horizontal Layout > Right」を選択していました。

 

20180131032455

 

左右に表示したい時は「Automatic」を選択してみましょう。

見出しが、左右に均等に表示されたかと思います。

 

20180131032624

 

左右にバランスよく表示されたね
これなら項目が多すぎるときも大丈夫そう

 

先ほどは入りきっていなかった見出しも、まとまって表示できました。

 

Point

SimpleMindは見た目のレイアウトを調整できる。

項目をドラッグして動かすこともできるので、後から順序を入れ替えるのも簡単!

 

デザインをカスタマイズ

 

続いて、マインドマップの見た目を調整していきましょう。

Layoutと同様、上部のアイコンから「Style Sheet」を選択してください。

 

20180131032521

 

自分好みの見た目に調整してみよう

 

クリックすることで、用意されている「見た目」のプレビューをチェックできます。

私は黒背景が好きで使っているんですが、いくつかのカスタマイズを見てみましょう。

 

20180131032046

20180131032048

20180131032058

20180131032113

 

Point

SimpleMindはデザインの調整が可能。

ボックス以外にシンプルなテンプレートも用意されている!

 

他にもいろんな見た目があり、自分の好きなマインドマップにすることができるんです。

 

気になったデザインはありましたか?

 

キーボードで操作できる

 

SimpleMindを使う上で一番気に入っているのが「キーボードで操作可能」というところ。

例えば、先ほどのように「ツリー(トピック)を追加」したい場合、キーボードによる操作は「TABキー」を押すだけなんです。

 

20180131032650

 

いちいちマウスを持たなくていいので
案をバーっと一気に記録できるね

 

追加したい場所(ここでは中見出し1)を選択した状態で「TABキー」を押せば、項目が追加されます。

 

Point
TABキーでトピックを追加できる

 

同じ階層に追加

 

先ほどは、子要素としてトピックを追加しましたよね。

今度は「同じ階層の要素(中見出し3)」を追加してみましょう。

 

同じ階層にトピックを追加したい場合、SimpleMindなら「Enterキー」を押すだけ。

選択する要素は「追加したい場所の一つ上(中見出し2)」です。

 

Point
同じ階層にトピックを追加するときはEnterキー

 

20180131032655

 

コマンドもシンプルでわかりやすい!

 

追加できたら、そのままキーボードでテキストを入力すればOK。

中見出し1と2の間に追加したい場合は、中見出し1を選択した状態で「Enterキー」を押しましょう。

 

20180131032726

 

要素の選択は、キーボードの「上下左右キー」で移動可能です。

 

トピックを移動

 

SimpleMindを使えば、見出しの順序を入れ替えることもできちゃうんです。

操作方法は簡単「マウスでドラッグ」するだけ!

 

20180131032739

 

Point

SimpleMindは作成したトピックを移動できる

とりあえずメモ程度に書き込んで、後から順番を決めればOK!

 

大見出し1と2の間に「大見出し4」を持ってくることができました。

 

簡単ですね

 


PDFやPNGで書き出し可能

 

場合によっては、作成したマインドマップを「メール」で送信することがあります。

そんな時に、PDF形式で送信できたら便利ですよね。

 

SimpleMIndは「PDF形式」や「PNG形式」での書き出しに対応しているんです。

 

20180131032757

 

「フォーマット」の項目を「PNG」などのように変更することで、対応した拡張子に書き出すことができます。

 

20180131032803

 

Point

SimpleMindは「PDF」や「PNG」で保存できる。

メールに添付するときも便利!

 

私自身、メールで送る時に活用しています

 

実際に使ってみて

 

今回紹介した機能は「SimpleMind Lite」の中の一部分です。

ここからも分かる通り、Lite(無料版)でも十分使いやすいですよね。

 

もっとガッツリマインドマップを作りたい方には物足りないのかもしれませんが、ブログを書く時に使うぶんにはこれで十分だと感じました。

無料なので、とりあえず使ってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

今回紹介した「SimpleMind」を使えば、無料でマインドマップを作ることができました。

無料とは思えないほど、快適にマインドマップを作成できるので、まだマインドマップを作っていない方はぜひインストールしてみてください。

 

 

ではまた。

関連記事
おすすめの記事