【Windows】起動時のパスワードを無効にする方法!

今回は、WindowsPCの起動時に要求される「パスワードの入力」を無効にする方法を紹介します。

 

持ち運んだりしないデスクトップPCの場合、パスワードを設定しなくても良い!という方もいると思います。

私の場合は、Windowsを修理に出すときに必要でした。

 

やり方さえわかってしまえば、超簡単にパスワードをOFFにできるので試してみてください。

はじめに

 

今回紹介する内容は「WindowsPCの起動時に要求されるパスワード入力を無効にする方法」について。

Windowsの「電源を付けた時」に、以下のような画面が表示されます。

 

Windows 起動時 パスワード

 

起動時に毎回入力するやつだね

 

ここで、Microsoftアカウントのパスワードや「PIN」を入力して起動する感じですが、デスクトップPCなどの場合、毎回入力するのは面倒ですよね。

Windowsでは、簡単にパスワードの入力をOFFにできるので参考にしてみてください。

 

Windowsのパスワード入力を無効にする

 

では実際に、WindowsPCのパスワード入力を無効にしていきましょう。

Windowsキー + Rキーを押して「ファイル名を指定して実行」というウィンドウを開いてください。

 

Windows ファイル名を指定して実行

 

こんな感じのウィンドウが開くので「netplwiz」と入力して実行しましょう。

 

 

Point
ファイル名を指定して実行に【netplwiz】を入力!

 

ユーザーアカウント」というウィンドウが開きました。

この中に、パスワードの入力をOFFにする項目があります。

 

Windows ユーザーアカウント

 

Point
【ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要(E)】

という部分ですね。

 

このチェックを外すだけで、Windows起動時のパスワード入力を無効にすることができました。

 

Windows ユーザーアカウント

 


ユーザー名とパスワードを設定

 

最後に、ユーザーアカウントを適用すると「自動サインイン」というウィンドウが表示されます。

 

Windows 自動サインイン

 

Windowsのユーザーが複数存在する場合に、デフォルトでアクセスするユーザーを指定するようですね。

自動ログインしたいアカウントの情報を入力して「OK」を押せば、ユーザーアカウントの変更を適用できたと思います。

 

実際に適用させるときに「サインインしなおす」必要があったので注意してください。

 

再度設定するのも超簡単

 

一時的にパスワードの入力を無効化し、後で元に戻す場合は、先ほどの「ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要(E)」にチェックを入れなおすだけです。

 

Point

パスワードの入力をOnにする時は...

「ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」にチェックを入れればOK!

 

netplwiz」だけ覚えておけば、いつでもパスワードの入力を変更できます。

ぜひ覚えてみてください。

 

まとめ

 

今回紹介した方法を使うことで、WindowsPCの面倒なパスワード入力を無効にすることができました。

人によっては、起動時のパスワードはいらないという人も多いと思います。

 

また、PCを修理に出す時にも必要になる小技なので、ぜひ活用してみてください。

 

 

ではまた。

過去にレビューしたアイテム