こんにちはクリアメモリです!

YouTubeに動画をアップする時に、サムネイルを設定すると思います。

動画アップ画面で表示されるサムネイルを使っても良いのですが、どうせなら自分で作ったサムネイルを使いたいですよね。

 

そこで、カスタムサムネイルに使用する画像の大きさはどのサイズが良いのか調べてみました。

カスタムサムネイルって何?

 

YouTubeで言う所の「カスタムサムネイル」というのはどのようなものなのか説明します。

YouTubeに動画をアップロードすると、動画内の1部を切り取ったサムネイルの候補が3つ出てきますよね。

 

Youtubeのサムネイル候補

 

自動的に設定してくれるやつだね

 

これがYouTube側が作成したサムネイル。

これらの画像から良いものを選んでサムネイルとして使う事ができるのですが、サムネイルは自分で作成した画像を使う事もできるんです。

 

Youtubeのカスタムサムネイル

 

これが「カスタムサムネイル」ですね。

 

カスタムサムネイルを設定していないときはこんな感じ

 

カスタムサムネイルを指す矢印

 

Google推奨のサムネイルサイズはいくつ?

 

結局サムネイルはどんなサイズがいいんだろう...

 

調べたら簡単に見つかりました。

https://support.google.com/youtube/answer/72431?hl=ja

 

Googleの公式ページによると「1280 * 720」がGoogleの推奨するサムネイルのサイズになっているようです。

 

Point
Googleが推奨するサムネイルサイズは【1280 x 720】

 

もちろん、横 = 1280、縦 = 720ですので注意してください。

ちなみに実際に1280 * 720の画像を作ってみると、このようになりました。

 

Youtube カスタムサムネイルの推奨サイズ

 

確かにYouTubeで良く見る横画面のサイズになっていますね。

ただ、このサイズは「よく使われる」プレーヤーのサイズになっているので、これより大きな端末を使っている人には違って見えてしまう可能性があります。

 

サムネイルのサイズを合わせないとどうなるの?

 

もし「1280 * 720」や同じアスペクト比ではないサムネイルサイズにした場合はどうなるのでしょうか。

 

例えば、サムネイルのサイズを「500 * 500」のような正方形にした場合、左右に余白が生じてしまいますよね。

そのような場合は、自動的に黒い帯が入るようになっています。

 

Youtube サムネイルサイズが合わない場合

 

サムネイルのサイズに関係なく、常に16:9で表示されるんだね

 

このように、実際のコンテンツは内側の灰色の箇所になっていますが、サムネイルでは両脇に黒い帯ができていました。

この黒い帯が表示されないようにするためには、カスタムサムネイルのアスペクト比を「16 : 9」にしてみてください。

 

Point
カスタムサムネイルのアスペクト比は【16 : 9】

 

サムネイルのサイズに上限はあるの?

 

サムネイルに使う画像は、どんなサイズでも良いわけではありません。

画像の容量が「2MB」以内であれば大丈夫ですが、それ以上になってしまうとカスタムサムネイルとして使用する事はできません。

 

つまり2MBが上限になります。

 

カスタムサムネイルの設定ボタンにも書かれていたね

 

カスタムサムネイルを指す矢印

 

アップロードできる画像の拡張子は?

 

YouTubeでサムネイルに使える画像の種類は何があるんだろう...

 

YouTubeにアップした動画のサムネイルは

 

  1. JPG
  2. PNG
  3. BMP
  4. GIF

 

が使用できるようです。

 

 YouTubeのカスタムサムネイルにGIF画像を使ってみたところ
【このファイルは画像ではありません】
と表示され使用できませんでした。
拡張子.BMPは「JPG」や「PNG」に比べて圧縮率が低い( 圧縮されない? ) ため、重たい画像になってしまう事があるので、できれば JPG か PNG にしておきましょう。

 

Point
拡張子はJPGかPNGがオススメ!!

 


サムネイルを自作するためにオススメなソフトは?

 

これは個人的な話になってしまうのですが、サムネイルなどの画像を編集する時にオススメしたいアプリケーションは

Point

無料なら「GIMP

有料なら「Photoshop」か「ClipStudioPaint

ですね。

 

ちなみに、私がYouTubeやブログのサムネイル作成で使っているアプリケーションは「ClipStudioPaint」です。

サムネ作成以外にお絵かきにも使えて便利なのでチェックしてみてください。

 

CLIP STUDIO PAINT PRO
Amazonでチェック

 

どちらのソフトでもテキストを挿入したり、画像のサイズを変更したりできるのでサムネイルを自作しようという方は使ってみてください。

まずは無料からっていう方はGIMPを試してみると良いのではないでしょうか。

 

カスタムサムネイルのオススメな作り方

 

YouTube Creatorsに「効果的なサムネイルとタイトル」の作り方について紹介されていました。

https://creatoracademy.youtube.com/page/lesson/thumbnails

 

目を引くサムネイルやタイトルはどんなものなのか、実例と合わせて紹介されていたので、サムネイルの作り方に悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

タイトルとサムネイルの組み合わせ

 

サムネイルの実例

 

まとめ

 

今回はYouTubeでアップロードした動画に指定するカスタムサムネイルについて紹介しました。

サムネイルは、ユーザーが最初に目にするコンテンツだと思いますので、再生回数をあげたいのであれば重要な要素になってくると思います。

 

 

ぜひ試行錯誤してみてください。

ではまた。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう